無料の会員登録をすると
お気に入りができます

管理栄養士が徹底解説!なすの栄養成分とおすすめレシピ

レシピ

焼いたり揚げたりしてから冷凍したものは自然解凍や電子レンジで解凍しましょう。生のまま冷凍したものを解凍する際は、冷凍庫から取り出してそのまま調理に使って大丈夫です。

管理栄養士おすすめ!なすを使った厳選レシピ5選

1. レンジで秒速ズボラ飯!簡単なす味噌鶏そぼろ丼

Photo by macaroni

15分ほどでできる時短メニュー。皮ごと調理しているのでナスニンも取れますね。カラダを冷やすと言われているなすですが、カラダを温めると言われている生姜を合わせることで相性のいいレシピに仕上がっています。(※8、9)

レシピはこちら|macaroni動画

2. だし汁であっさり!じゅわっと香ばしなすとアスパラの焼きびたし

Photo by macaroni

和食のおかず、お酒のおつまみなどいろんなシーンで活用できるひと品。味付けはあっさりした和風です。少しアクセントがほしい際は、唐辛子を入れてピリッとさせるのもいいですね。またなすを素揚げにすると色鮮やかに仕上がりますよ。

レシピはこちら|macaroni動画

3. そうめんみたいなツルツル食感「なすそうめん」

Photo by macaroni

なすのそうめん風レシピ。「焼く」「揚げる」「蒸す」などの調理法に飽きた際に作るとまたひと味違ったなすが楽しめます。皮を取ることでのどごしがよくなり食べやすいですが、ナスニンが含まれている皮を使った料理と一緒に食べたいですね。(※4)

レシピはこちら|macaroni動画

4. バケットが止まらない!ゴロゴロ野菜のアボラタトゥイユ

Photo by macaroni

おしゃれなフレンチの定番レシピ。夏野菜がたっぷり入っているので旬の夏に作ると食材に含まれている栄養価も高くなるのでおすすめです!友人が来る際やお祝い事、パーティーなどで提供すると喜ばれるひと品です。フランスパンと一緒に楽しみましょう。

レシピはこちら|macaroni動画

5. レンジで簡単ヘルシー!しめじとささみの梅肉和え

Photo by macaroni
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ