無料の会員登録をすると
お気に入りができます

これからは「サステナブル」が合言葉♡みんながやってるエコな習慣13コ

ライフスタイル

「サステナブル」って知ってる?

人も、社会も、地球環境も“持続可能”な未来を目指す

「サステナブル」という言葉を聞いたことはありますか?英語で書くと「sustainable」。「持続可能な」「継続できる」という意味です。そこから「環境・社会・経済などが将来にわたって適切に維持・保全され、発展できること」を「サステナビリティー」と言うようになりました。

現在では技術や産業がとても発展しています。しかし、環境を破壊してしまうと、いつかその環境そのものがなくなって、産業が続けられなくなってしまいますよね。それは人や社会も同じです。つまり“持続不可能”だということ。だからこそ、地球環境を守りながら、人間も社会も持続可能に発展していくことが大切なのです。

みんなの“エコな習慣”を学ばせて♡

「サステナビリティー」は今注目されている考え方で、人間だけではなく社会や地球の未来を守ることにもつながります。難しそうですが、実は身近で始められることもあるんです。

そこでインスタグラマーさんたちが実践しているエコな習慣をチェック!今からでも始められる、“サステナブル”な習慣を知っておきましょう。

省エネ・エコな生活習慣

1.「フードロス」を生まない食事を心がける

日本ではものすごい量の食料廃棄があるそうです。なかにはまだ食べられる物も多く、もったいない状況。そんなフードロスを生まない食事を心がけましょう。

料理をする時に心がけられることがあります。たくさん買いすぎない。なるべく長く保存できる工夫をする。食材を無駄なく調理する。そして、食べ物を残さない。一人一人の心がけが、フードロスを減らすことにつながるはずです。

■アプリの「TABETE」が役立つ!

フードロス削減につながる革新的なアプリがあります。それが「TABETE」。賞味期限や営業時間を過ぎてしまって、まだおいしく食べられるのに廃棄しなければならない食事をレスキューできるサービスです。

Photo by Lily Banse / Unsplash

ユーザーは商品をお得に買うことができ、お店は食品を廃棄せずに済みます。双方がWin-Winな関係に。今は東京を中心に展開していますが、徐々に他の地域にも広まりつつあります。身近にできることから、フードロス削減に協力しませんか?

「TABETE」公式サイト
記事に関するお問い合わせ