無料の会員登録をすると
お気に入りができます

絶対やってはいけない!3大NG節約術「まとめ買い・割引・送料無料」に潜むワナとは

節約・マネー

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

どうせ使うものだから……まとめ買いや箱買いを積極的にしている家庭も多いと思います。節約のようにみえますが、家にあるという安心感から消費スピードが速くなっていませんか?

ここでは、ファイナンシャルプランナー飯村 久美さん著書「ズボラでもお金がみるみる貯まる37の方法」(出版社:アスコム)の中から一部を抜粋・編集して、オトクそうにみえる箱買いや送料無料のからくりをご紹介します。

ビールは「箱買い」しない

安くても消費量は2倍に増える

多くの人がまとめ買いをするのは、平日は仕事で忙しいので、週末に1回買い物するだけなら手間が省けて、節約できた気分になれるからでしょう。

その際によくやりがちなのが、晩酌用のビールを箱買いすることです。
その習慣、実はお得ではありません。

1本あたり数十円安いので、「1箱で数百円も得した!」と思うでしょう。
実際そうなんですが、そのせいで消費量が格段に増えてしまうところが、箱買い、まとめ買いの盲点なのです。

あると思うと、ついつい進んでしまうのがお菓子やアルコール類の嗜好品です。
甘味やアルコールをとると脳が快感を覚えます。この快感を覚えるメカニズムは、なんと麻薬中毒のケースと同じなのです。

そのため、甘いものもアルコールも、体がもうこれ以上必要がないというサインを出しても、脳がそのブレーキを解除してしまうのです。ダイエット中の人が、ときどき甘いものを猛烈に食べてしまうことや、じゅうぶんに酔っている人がビールをおかわりしてしまうのは、依存性があるからです。

ビールを箱買いするようになってから、休肝日がつくれなくなったという話をよく耳にします。1日1本を守れる人はいいのですが、「今日は大変だったからもう1本飲もう」と増えていった結果、消費量は2倍になってしまうのです。

ですので、お菓子やビールが欲しくなったら、その都度必要な分だけ買うことをオススメします。

もう少し飲みたいと思っても、わざわざ外に買いに行く手間を考えると、それが抑止力になるのです。

その結果、お腹も出費も抑えられます。
そもそもビールは、原価は安いものの酒税があるため、メーカーや小売店にとって利幅の少ない商品です。

なので、利益を生むには数を売らなくてはなりません。数を売るには、酔いという作用をもたらすビールは格好の商品で、お酒が好きな人にたくさん買ってもらえるようお得感を訴えれば、乗ってくれるお客さんがたくさんいるのです。

お酒のほか、ジュース、チョコレートやスナック菓子といった嗜好品。
肉や野菜といった生鮮食品も、安いからといってまとめ買いするのはオススメできません。買ったことを忘れて冷蔵庫に入れたままにしていると、腐らせたりするからです。お金と健康を大切にしたかったら、その都度買いをぜひ実践してください。

ついつい買わされなければ、無駄がなくなる

でも、すべての買いだめがいけないとはいいません。
トイレットペーパーやシャンプーなど、いざというときにないと困るもの、あっても腐らないもの、消費のスピードが一定のものに関してはOKです。

防災用品などもあらかじめ買っておいてもいいものだと思います。ただし、置き場もないくらい買いだめするのはやめましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ