無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「居心地の良さ」と「浮気に走りやすい環境」の違い3つ

恋愛・結婚

かわいくて、優しいし、彼を大切にしているのに浮気される、もしくはセカンドにされてしまう。そんな人はいませんか?

なぜ、彼はあなたを本命として大切にしてくれないのでしょうか?

「居心地がいい」のと「浮気に走りやすい」のはどう違うのでしょうか。

今回は彼に甘く見られず、本命として大切にされるために必要なことを考えてみたいと思います。

1、自分がしたいことではなく彼がしてほしいことをする

彼を大切にしているし、彼のためにいろいろやっているという人は多いと思います。

でも、それは「彼が望んでいること」ですか?

筆者の例ですが、彼の誕生日に服をプレゼントしたことがありますが、喜んでもらえないどころか、一度も着てもらえませんでした。

彼は服にはこだわりがあり、自分で服を選びたい人だったのです。

彼にプレゼントを選ぶのは楽しいですが、そのプレゼントは彼が欲しいもの、喜んでくれるものでしょうか?

「自分がしたいこと」と「彼がしてほしいこと」は違うということを肝に銘じておきましょう。

「居心地がいい」ことは、相手がしてほしいことをしていること。

対して、「浮気に走りやすい」のは、自分が相手にしてあげたいことだけをしている環境のことを意味します。

2、彼の話をきちんと聞き、自分の気持ちもきちんと言葉で伝える

「彼のしてほしいこと」を知るためには彼の話をきちんと聞くことが大切です。

彼と会っているとき、自分のことばかり話していませんか?彼の気持ちをちゃんと聞いていますか?

そして、自分の気持ちもきちんと言葉で伝えることも大切です。

あなたが疲れていて、不機嫌だとします。疲れているのを知らず、不機嫌なことを気にした彼が気をつかって「どこか行こうか?」と誘ってくれた時、あなたはどうしますか?

不機嫌なまま、ついていくのか、「ごめんね。疲れているから、今日はゆっくりしたいな」と言えるか。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ