無料の会員登録をすると
お気に入りができます

揚げ物が終わったら…“汚れない”オイルポットにinしませんか?

ライフスタイル

万年
M.design オイルポット mini
購入価格:802円
容量:0.8L
重量:345g

Amazonで見る

▼テスト結果
総合   :A評価
使いやすさ:★★★★☆
洗いやすさ:★★★★☆

1位は厨房機器の専門メーカー万年のオイルポットです。特徴は小ぶりなデザインと軽さで、アルミ缶程度の重さしか感じなかったと高評価でした。

さらに取っ手が大きく握り心地もGOOD。取っ手が大きいので本体に手が触れず、万が一油がまだ熱くても火傷の心配がありません。

内部がシリコン加工されているので、油落ちもよく洗いやすいという声も上がっています。他の食器と一緒にスポンジで洗えるので、お手入れも簡単。

これなら、オイルポットがベタベタに汚れっぱなしになることもありません。

0.8Lと小ぶりですので2~3人家族にオススメです。さらに本体もコンパクトなので収納場所の選択肢も広がります。

ニトリのオイルポットはシンプルながら工夫あり

ニトリ
深型こし網付き オイルポット 1.1L
購入価格:799円
容量:1.1L
重量:500g

公式サイトで見る

▼テスト結果
総合   :B評価
使いやすさ:★★★☆☆
洗いやすさ:★★★☆☆

ニトリのオイルポットは数種類ありますが、こちらはシンプルなスチール製タイプ。

こし網に深さがあり、油を移す時に勢い余っても大丈夫。持ち手が大きめで波型の加工があり手にフィットするのもグッドポイントです。パーツが少なく無駄な凹凸のない形で、洗いやすさも問題なし。

ただ液ダレしやすいという意見がありましたので、付属の受け皿は必ずセットで使用したほうが良さそうです。

タオルペーパーでも問題ありませんが専用のこし紙がニトリにて販売されています。

カラーはブラックのみでなんといってもシンプルイズベストな製品です。

再度ニトリのオイルポットデザインで選ぶならホーロータイプ

ニトリ
ホーローオイルポット
購入価格:2047円
容量:1.1L
重量:700g

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ