無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[そろそろ食べたい!]かぼちゃの栄養とおすすめレシピ3選

レシピ

美味しいかぼちゃの選び方と保存方法

熟成されているものを選ぼう!

かぼちゃは収穫後、熟成させる事で甘みが増して美味しくなると言われています。熟成されているかどうかを見分けるポイントはへたの部分です。
へたの部分がよく乾燥しているものはしっかりと熟成されていますが、少しでも水気があるものは熟成が足りない可能性があるので、乾燥するまで保管しておくのがオススメです。

また、持ってみてずっしりとした重量感があるものを選ぶと良いですね。カットされているものを購入する場合には、オレンジ色が濃く、種とワタがぎっしりと詰まっているものを選びましょう。

丸ごと保存がベスト

保存する際には、丸ごとのものは常温保存がオススメです。新聞紙に包み、直射日光が当たらず風通しの良い場所に置いておくと、1か月程度もつと言われています。
カットされたものは傷みやすい種とワタを取り除いてラップで包み、冷蔵庫で保管しましょう。

かぼちゃを使ったオススメレシピ

南瓜のそぼろ煮

ほっとする味わいのそぼろ煮。鶏ひき肉と組み合わせることで、筋肉の材料となるたんぱく質も摂る事が出来ますよ。かぼちゃはレンジで加熱しておくと切りやすくなります。

「南瓜のそぼろ煮」レシピはこちら

揚げないカボチャコロッケ

コロッケは高カロリーになりがちですが、こちらのコロッケは揚げずに焼いて作るのでカロリー控えめ。かぼちゃはしっかりとつぶして滑らかにしても、荒くつぶしても食感を残してOKです!お好みでどうぞ。

「揚げないカボチャコロッケ」レシピはこちら

ころんと可愛いスイートパンプキン

甘みのあるかぼちゃはスイーツにもするのもオススメ!材料が少なく、手順もシンプルなので手軽に作る事が出来るヘルシースイーツです。

「ころんと可愛いスイートパンプキン」レシピはこちら
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ