無料の会員登録をすると
お気に入りができます

四つん這いのヨガポーズで大切な3つのポイント|あなたはできている?チェックしてみよう

美容

四つん這いのヨガポーズは実は奥深い!

簡単にできると思われがちな四つん這いのポーズ。実は大切なポイントがいくつも含まれています。これらを丁寧に行うことで、レッスンを通して行う他のポーズが楽に感じられるようになったり、上級ポーズの成功に近づくこともできます。「立つポーズでフラフラしてしまう」「ウォーリアのポーズ等が辛い」…という初心者の方から、ヨガを何年も練習している上級者の方まで、今一度この3つのポイントを見直してみましょう!

チェックポイント1:手のひらは大きく開く

特に初心者の方は、手を大きくひらいてマットをとらえることができていないことが多いです。手のひら全体をマットに吸い付かせるようにつけることで、色々なポーズのバランスがとりやすくなり、また腕全体の筋肉を上手に働かせることができるようになります。

肩の真下に手首、足は腰幅に開き安定させましょう

ありがちなNG:肘が前を向いてしまっている

肘が内側は、前に向かないようにしましょう
また、足の幅も膝と膝の間にこぶし1つ分くらいのすき間を開けましょう

ありがちなNG:手のひらが浮いてしまっている

指先に力が入りすぎて指の腹が浮いてしまわないようにしましょう

ありがちなNG:手のひらが開いていない

指はそろえるのではなく、大きく開くようにしましょう

チェックポイント2:肩を落とさない

四つん這いのポーズは、英語で「テーブルトップ=机、机の天板」のポーズと呼ばれてています。自分の背中がテーブルになったようにイメージして、平らになるように意識しましょう。

ありがちなNG:腕でマットをおせていないため、背中が落ちてあごが前に出てしまっている

肩がおちてあごが前を前に突き出さないようにしましょう

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ