無料の会員登録をすると
お気に入りができます

四つん這いのヨガポーズで大切な3つのポイント|あなたはできている?チェックしてみよう

美容

チェックポイント3:体の軸を意識しましょう

四つん這いのポーズでは、体幹を意識してポーズを安定させることが大切です。片足を上げてみて、しっかりと体の中心が意識できているかチェックしてみましょう!

体幹

片足を上げても骨盤の位置がずれていないのが正解

ありがちなNG:片方に体重をかけてしまい、身体がななめになってしまう

体幹が意識できていない場合、身体が傾いてしまうことが多くあります。

片足に体重をかけた時に体が傾かないようにしましょう
さらに、上げている方の足が外側に開らかないようにしましょう

基本的なポーズを毎回のように行う理由とは

なんとなくやり過ごしているポーズでも、たくさんの大切なポイントがあります。このような基礎ポーズを毎回のように行うには理由があります。

・体の使い方がわかるようになる
・日常で使っていない筋肉を目覚めさせる
・体に意識を向ける練習になる
・変化への気づき、呼吸への気づきがしやすくなる

簡単なポーズほど、意識を高く持って丁寧に行っていきたいですね。それがヨガのポーズの上達にも必ずつながるはずです。

ライター/伊藤香奈

伊藤香奈

ヨガライター、ヨガインストラクター向けビジネス講師、会社員。ハワイで全米ヨガアライアンス200時間を取得後、ヨガマットブランドにて新規ヨガイベントの立ち上げや新人講師発掘オーディションのプロデュース責任者等を歴任。800人以上のインストラクターと出会い、現在ヨガ雑誌やイベントの第一線で活躍するインストラクターを数多く育成・輩出する。2017年に、ヨガインストラクターのビジネスサポートを行うコンサルタントとヨガライターの活動をスタート。現在はヨガライターの養成にも力を入れている。

全米ヨガアライアンス
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ