無料の会員登録をすると
お気に入りができます

地味だけど大切!ヨガポーズが変わる3つの基本を実践しよう

美容

3つの基本とは

1.柔らかい呼吸を繰り返す

簡単なポーズを繰り返し、柔らかくのびのびとした呼吸を取り戻します。呼吸は心の状態に敏感で、何かを否定する気持ちがあるとつい息がつまりがち。伸びやかな呼吸を繰り返すことで自分を受け入れ、肯定する力を養います。

緊張とともに背骨を伸ばしたり、猫背になっていたりすると柔らかい呼吸ができません

2.骨盤底筋の引き締めを感じる

骨盤底筋の場所がわからない人も多いもの。ここでは物理的に骨盤底筋が「締まる」「ゆるまる」ポーズをとって、骨盤底筋を感じてみましょう。骨盤底筋を締めると足裏で床を踏む力が増し、体が安定します。

足指を最大限に開くと、床の踏みしめを補強します

3.最小限の力で背骨を伸ばす

安定した土台から背骨の伸びを感じる
骨盤を安定させ、床を踏みしめることで、自然と上向きの力(引き上げ)が働くのを感じましょう。柔らかい呼吸を続けるには、背骨が真っすぐ伸びていることが必要です。力まず最小限の力で背骨を伸ばすことを意識しましょう。

手首や肩に負担をかけず背骨を伸ばす
腰掛けのポーズ(上)で上向きの力を感じたら、今度はもう少し大きな伸びを試してみましょう。頭が下を向いていても、基本は同じです。下腹を中央に寄せながら引き込み、力に頼らず穏やかに背筋を伸ばしましょう。

骨盤底筋を締め、下腹部を凹ませると背骨が伸びる。サイズの小さいジーンズをはくときのようなイメージで

3つの基本を実践する方法

3つの基本を実践する上でのポイントはこちらの2つ。確認できたら、早速実践してみましょう!

●プロセスを急がない
ポーズからポーズへの移行にはたっぷり時間をかけて。足裏や背骨の伸びをじっくり感じる。

●感じながら動く
「今、体の中で何が起きているか」「どんな感覚が体の内側にあるのか」などを感じて。

1.柔らかい呼吸を繰り返すやり方

①両足を腰幅程度に開く。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ