無料の会員登録をすると
お気に入りができます

イタリアのオーブン料理♪ カルトッチョの基本レシピ・作り方

レシピ

簡単レストランの味!魚介のカルトッチョの作り方

Photo by uli04_29

イタリア語で「紙包み」を意味するカルトッチョは、魚介などの具材を、紙で包んで焼き上げるシンプルな料理です。

今回は、クッキングシートとオーブンを使って、ご家庭で簡単にできるレシピをご紹介します。ふっくら蒸された魚がおいしく、魚介類や野菜から染み出たスープは、思わず飲み干してしまうおいしさ!素材の旨味を閉じ込めたカルトッチョをご堪能ください。

材料(1人分)

・タラ……1切れ
・ムール貝……3個
・プチトマト……1~2個
・アスパラガス……1本
・しめじ……1/4パック
・オリーブオイル……大さじ1/2杯
・白ワイン……大さじ1杯
・塩……適量
・黒コショウ(お好みで)……適量
・ハーブ(お好みで)……適量

※魚介類や野菜は、お好みのものを使ってもOKです。ハーブを使う場合は、生のハーブだけでなく、乾燥ハーブもお使いいただけます。

作り方

タラの両面に軽く塩をふって、10分ほど置きます。10分経ったら、表面に出てきた水分を、キッチンペーパーで拭きとりましょう。ムール貝は貝殻をタワシでこすり、汚れを取っておきます。

※アサリなどの砂抜きが必要な貝類を使う場合は、砂抜きをしておきましょう。

アスパラは食べやすい長さの斜め切りに、トマトは半分に切ります。しめじは石づきを落として、手でほぐしておきます。

長めに出したクッキングシートに、タラをのせます。タラのまわりにムール貝、野菜、きのこを散らしたら、ハーブをタラの上にのせます。

具材の上からオリーブオイルと白ワインをまわしかけ、塩を気持ち多めのひとつまみふります。具材があふれ出ないよう、クッキングシートでしっかり包みましょう。

200℃に予熱したオーブンで15分ほど焼いて完成です。クッキングシートを開けるときは、蒸気に気を付けてください。お好みで、黒コショウをかけていただきましょう。

作るときのコツ

食材の旨味と食感が出る料理なので、下ごしらえをきっちりとおこなうのがコツです。魚には塩をふって水分を拭き、貝はしっかりと洗っておきましょう。アサリなど、砂抜きが必要な貝類を使う場合は、しっかりと砂抜きをしておいてください。

今回はタラとムール貝を使いましたが、もちろんお好みの魚介類で作ることも可能です。白身魚の切り身と、彩りの良い野菜を使えば、パッと華やかなカルトッチョができあがりますよ。

カルトッチョの簡単な包み方

Photo by uli04_29

長くとったクッキングシートの手前に、具材をのせます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ