無料の会員登録をすると
お気に入りができます

意外と知らない「キッチン収納」の正解とは!?整理収納プロの"いちばん簡単"最終結論5ルール

ライフスタイル

こんにちは!整理収納アドバイザー、ヨムーノライターの上田麻希子です。

毎日、長くいる場所やよく使う場所から大掃除をしていくと、日々目にふれるので達成感もあると思います。

大掃除をするなら、そのタイミングで一緒にやりたいのが、「持っている物の見直し」です!
大掃除は、収納している物を出す良いタイミング!

掃除後にそのまま元に戻すだけでなく、1度見直してみてくださいね!

今回は、キッチンの物の見直しや、収納方法などを紹介します。

「快適なキッチン収納」にするための流れは?

いざ、やろう!と思っていても、何から手を付けて良いか分からない、なんて場合も。
まずは、基本的なお片づけの流れをお伝えします。

1.自分が持っているキッチン用品を把握する

食品、フライパンなどの調理器具、菜箸などのキッチンツール、カトラリー、食器など、全て出します。
他の場所で眠っているお鍋やフライパンも、まとめてこの機会に集めてみましょう!

▲今あるものを全部出す作業
(こちらは整理収納サポートに伺った際の、実際の作業風景です)

「1日でそんな広範囲は厳しいかも」という場合は、今日は食品のみ、次は調理器具のみ……など、アイテム別で予定を立てて進めてください。

それからアイテムごとに、「日常的に使っているフライパンは?お鍋は?ボールは?ザルは?タッパーは?」などなど、仕分けしていきます。

細かい!と思ってしまうかもしれませんが、使っているものを自分自身で把握することはとても大切。

日常的に使っている物は、意外と限られている場合が多いんです。
使っていない物を、使いやすい場所に置いておく必要はありません。

「同じアイテムは同じ空間に収納」と思い込んでいませんか?
キッチンのごちゃごちゃ、使いにくさで悩んでいる方は、普段よく使う物をピックアップすることから始めましょう!

▲アイテム別に仕分けスタートする時の作業

余談ではありますが……
私自身が元々持っているものがとても多く、ものに囲まれた生活をしていました。

例えば、フライパン。
その当時は主人と2人暮らし、子どももいません。
共働きで深夜の帰宅も多かったので、1日1回もキッチンを使わない日もありました。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ