無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ツイストすると背中が丸まる…解決法はツイスト時の「頸椎」の向き

ポーズが深まらない原因は、硬さだけではなく、正しく体を使えていないのかも…。体のメカニズムに基づいた動き方に変えるだけで、柔軟性が高まりポーズもより深まりますよ。今回は「アルダマッツツェーンドラーサナ」で背中が丸まってしまう場合の解決法をご紹介します!

ヘルスケア

「アルダマッツツェーンドラーサナ」で腰が丸まる場合

いつもの入り方

最初に後ろを見ると「そこまで体が動けばOKね!」と脳が認識してロック。ねじりをより深められない。

1.後ろを見ながら

photo by  Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

2.体をねじる…ツイストが苦しい

photo by  Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

前を向いたままねじるプロセスとは

頸椎の動きはいちばん最後に

どんな動きをしていても、目線が定まるとゴールが決まり、体に制限が生まれます。動きを深めるためには、先に体でポーズをとってから、頸椎を動かして目線を決めましょう。

肩甲骨を押し出しつつ頸椎の動きの誘導でツイストを深めて

上体のねじりを無理やり深めようとすると、力が入って背中が丸くなりがち。頸椎を動かすのは最後にして、まずは前を向いたまま坐骨を立てて、背骨を伸ばした状態でねじりましょう。膝の外側にかけた肘側の肩甲骨を、グッと前に押し出すようにねじるのもコツ。

プロセスを変えたやり方

1.体をねじる:床に座り右膝を曲げて、かかとをお尻の左に、左足は右脚の外側におく。右肘を左膝の外側にかけて、左手は体の後ろで指先を床につける。ここで1呼吸おく。
POINT:左右の坐骨を床につけて、脊柱をぐっと上に伸ばしてからねじる。

photo by  Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

2.後ろを見る…奥から絞れる:目線を後ろにまわし、上体のねじりをさらに深める。目線を左肩の先へ。反対側も。
POINT:ゆっくり動いて変化を感じる

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ