無料の会員登録をすると
お気に入りができます

年末調整で損してるかも!?増税時代に「書くだけで節税できる」たった5つのチェックリスト

節約・マネー

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

お金の情報サイト「まねーぶ」から、税理士 鈴木美帆氏監修のもと、2019年度の年末調整における「節税対策チェックリスト<5項目>」が公開されました。

年末になると勤務先に年末調整を提出しますが、「忙しい」「面倒くさい」「何を書けばいいかわからない」という理由から、書類をなんとなく書いていませんか?しかし、記入漏れがあると払い過ぎた税金を取り戻すことができません。

書類提出まで、忙しくて時間のない人や、面倒くさがりやの人でも、簡単なチェックだけで節税したり、還付金を増やすことができるリストについて紹介します。

消費税率の増加と2020年からスタートするサラリーマン増税の不安

2019年10月から消費税率が10%に引き上げられ、少しずつ家計の負担が増えていることを感じている人もいるのではないでしょうか。

これに加え、2020年から給与所得控除額が減少し、年収850万円を超える人は所得税・住民税の増税対象となります。頑張って働いて給与を上げているのに負担が増えるという改正で、納得できないのが正直なところだと思います。

さまざまな税改正で負担が増すなか、家計の負担減として重要なのは年末調整での節税対策です。節税は、方法を知っていれば誰でも簡単にできる節約術といえます。

税理士 鈴木美帆氏コメント

会社員が手軽にできる節税のひとつが年末調整です。年末調整は会社が代わりにしてくれる簡易的な確定申告のようなものです。

まずはちゃんと仕組みを知って、払い過ぎた税金を取り戻しましょう。

節税対策チェックリスト【5項目】

忙しいサラリーマンに向けた年末調整用の控除項目を、5つに厳選した簡易チェックリストです。

年末調整書類の提出前に以下の項目を確認し、しっかり節税対策をしましょう。

税理士 鈴木美帆氏コメント

これらの控除項目は、年末調整で会社から配布される「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」、「給与所得者の配偶者控除等申告書」、「給与所得者の保険料控除等申告書」の用紙を書くことで、適用できます。

記入漏れがあると還付金が受け取れなかったり、年末調整での節税が出来なくなったりしますので、チェックリストを使い記入漏れが無いかしっかりと確認しましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ