無料の会員登録をすると
お気に入りができます

汁もの料理が劇的ラクに! 絶対おすすめのミルクパンをガチ調査

ライフスタイル

大鍋を出すほどでもない…そんなとき便利な「ミルクパン」

少量のソースやスープを作りたいとき、いちいち大きな鍋を取り出すのはひと苦労ですよね。洗いものの手間も増してしまいます。そんなときに使うと便利なのが、小鍋サイズのミルクパンです。

1人用にはもちろん、家族1食分だけスープを作りたいときにもちょうどよい大きさ。小さいのでサッと洗いやすく、女性でも片手で持てる重さなので1つあると重宝できます。

熱伝導がよいものが多いので少量の調理に最適

ミルクパンはその名の通り、牛乳をあたためるために作られた調理器具ですが、それ以外にもお湯を沸かしたり、用途は様々です。少量しか作らない離乳食にもジャストサイズですし、スープの場合でも、小さいながら深さがあるので家族全員分を作れることも。

また、ミルクパンは熱伝導がよいものが多いので、火にかけるとあっという間に温まるのも魅力の一つ。火を止めてもしばらく中身が温かいままキープされ、料理のしやすさもバッチリです。

ミルクパンの素材はざっくり4種類あります

利便性の高いミルクパンですが、その素材はざっくり分けて3つでできています。まずは、その素材の違いを詳しく見ていきましょう。

【その①:アルミ】

軽くて扱いやすいアルミ。強度は劣るものの不便さは少なく、熱伝導が速いのでお湯を早く沸かせます。

【その②:ホーロー】

強度が高く、熱伝導もよいのがホーロー。金属の周りをガラス質の釉薬で焼き付けているため光沢があり、見た目の美しさも魅力の一つ。

【その③:ステンレス】

ステンレスは熱伝導が悪く時短効果はないのですが、保温性や保冷性に優れています。軽くて錆びにくいのも特徴です。

【その④:テフロン】
テフロン加工のものだと汚れや傷がつきにくいので、使いやすさが魅力です。錆びにくい点もよいのですが、他に比べると耐久性はやや劣ります。

よいミルクパンを選ぶポイントとは?

ミルクパンの素材の特徴を知ったうえで、次はどう選んでいけばよいのでしょうか?サッと使えて便利な調理器具なので、選ぶポイントは大きく3つに分けました。

[選び方①:熱伝導のよさ]

写真/PIXTA

まずは最も大事な熱伝導です。小型の片手鍋はパッと使いたいときが多いため、早く熱が伝わりやすい方がベスト。お湯が沸くまでに時間がかかってしまってはストレスになってしまいます。また、保温性が高いと時間が経っても料理が冷めにくいのでよいですね。

[選び方②:注ぎやすさ]

ミルクパンには基本的に注ぎ口がついています。おたまを使わずに片手でそのまま注げるのはよいのですが、気になるのは液だれ。液だれしにくいものなら、余計な掃除の手間も省けるので使いやすいです。

これら2つの選び方以外にも、IHコンロを利用している方は必ずIH対応かどうか確認してくださいね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ