無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[厳選]2020年絶対に備えておくべき防災グッズ21選

ライフスタイル

地震や豪雨による水害、火災……など、いつどこで起きるか分からない大きな災害。状況によっては1人で避難することも想定して、1人ひとりがしっかり対策をしておきたいものです。そこで今回はサンロクマルが厳選する防災アイテム20選をご紹介。まさかの時の備えにぜひ検討してみてください。

落下物や倒壊物から頭を守るオサメットの「収縮式ヘルメット」

加賀産業
収縮式ヘルメット オサメット
実勢価格:4320円
※Amazonのカラーは「ホワイト」です

ヘルメットは高層ビルが多い都会だけでなく、上からの落下物が心配な山間部などでも有効な防災グッズです。備えておきたいけれど、邪魔になるから……と敬遠している方も多いのでは? ここでおすすめなのが、かさばりにくい折りたたみ式のヘルメットです。

加賀産業の「オサメット」は衝撃耐性がすばらしく、ハンマーで何度叩いても変形しませんでした。実際にかぶってみたところ、衝撃が頭に響くこともありませんでした。

かぶった状態で後頭部のアジャスターとあごひもの調節ができるので、フィット感も文句なし。災害時、子どもにかぶせて素早くひもを調整することも可能です。

LED懐中電灯のベストはジェントスの「閃シリーズ」

ジェントス
閃シリーズ FLP-1808
実勢価格:3812円

懐中電灯は防災グッズの大定番ですが、最近は小型のLEDタイプが人気です。しかし、ひと口に「LED懐中電灯」と言ってもいろいろなタイプの製品があって、どれを選ぶべきか迷いますよね。

そこで編集部は、人気の14製品を集めて比較テストを行いました。その結果、ベストバイに選ばれたのがジェントスの「閃シリーズ FLP-1808」です。

スイッチを入れると、まずその光の強さと広さに驚かされました。2m先でも光が弱まることなく、285㎝もの半径で光が広がりました。

また、光ムラがないので照らしている範囲内がクッキリ見え、夜間の落し物も余裕で探せるレベル。夜道を歩くとき、光の端が暗いと怖さを感じますが、これなら安心して歩くことができます。

USBでの充電も可能で、利便性の高いポーチも付属しています。

情報収集以外にも活躍するソニーの「ポータブルラジオ」

ソニー
ポータブルラジオ
ICF-B99
実勢価格:8980円

災害時に電源確保やネット利用がスムーズにできるとは限りませんよね。ここで真価を発揮するのが「ラジオ」です。

ソニーの「 ICF-B99」はダイナモハンドル(手回しハンドル)の長さやライトの点灯時間の短さなど、やや気になる点があったものの、防災ラジオとしてはかなり優秀です。1分間の手回し充電で約3時間ラジオを聴くことができます。

感度良好で音質も非常にクリア。さらに、AM・FM放送はもちろん、ワイドFM(FM電波でAM放送が聴けるシステム)にも対応しています。さらに、汎用性が高くて使い勝手のいいUSB端子も搭載。スマホの充電などにも使えます。

小型家電なら動かせるSmart Tapの「PowerArQ」

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ