無料の会員登録をすると
お気に入りができます

正直ウザい「ありがた迷惑」撃退法

ライフスタイル

良かれと思ってアドバイスをしてきたり、先回りしてあれこれ干渉してきたりするような人が職場にいたら、「ありがたいけど、やめてほしい……」と思うこともありますよね。

このような「ありがた迷惑」な人とは、どのように付き合っていけばいいのでしょうか。ありがた迷惑な人の性格や行動特性を説明しながら、上手な付き合い方を紹介します。

ありがた迷惑な人の特徴

まずは、「ありがた迷惑」とはどういう意味で、「ありがた迷惑な人」にはどのような特徴があるのかご紹介します。

「ありがた迷惑」の意味

ありがた迷惑とは、デジタル大辞泉(小学館)によると、「人の親切や好意が、それを受ける人にとっては、かえって迷惑となること」をいいます。

良かれと思ってやってくれたことであっても、それを受ける本人にとって必要ないことであったり、押しつけになっていたりした場合には迷惑だと感じられます。

類義語として、「余計なお世話」や「おせっかい」があります。

「ありがた迷惑な人」の特徴

1.求めていないのにアドバイスをしてくる

彼氏に対して多少の不満はあるけれど、別れるほどには思っていないようなとき。軽い気持ちで彼氏の話をしたら、「そんな彼氏は良くないから別れたほうがいい」と何回も言ってくるなど、「あなたのためを思って」とアドバイスをしてきます。

仕事で悩んでいるときも、こうしたほうがいい、ああしたほうがいいと、あれこれ世話を焼きがちです。

2.人の仕事を先回りしてやってしまう

ありがた迷惑な人は、せっかちで待つことが苦手なので、他の人の仕事だったとしても先回りしてやってしまったりします。

「これやっといてね」と誰かに頼んだことであっても、その人がすぐにやらないと、待てずに自分がやってしまって「もう終わったから」と言うことも。

3.頼んでもないのに、恋愛を成就させようとしてくる

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ