無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[春からも好調に]心身ともに体調万全になる食生活のポイントとは?

美容

栄養素2:トリプトファン

幸せホルモンといわれる「セロトニン」はご存知でしょうか。セロトニンは、脳の神経伝達物質であり、興奮を抑え精神のバランスを整える作用があります。また、セロトニンが不足すると、イライラしやすくなったり、不安に感じやすくなります。このセロトニンを作るためには、「トリプトファン」というアミノ酸が必須になってきます。

トリプトファンを多く含む食材は、サバ、アジ、マグロなどの魚類や、牛肉や豚肉、鶏肉などの肉類や大豆です。

栄養素3:ビタミンB6

トリプトファンがセロトニンに変わるために必要不可欠なビタミンです。

ビタミンB6を多く含む食材は、にんにく、生姜、カツオやマグロ、鶏肉、チーズや牛乳などの乳製品です。

春から心身ともに元気になるレシピを公開

レシピ1:まぐろの照り焼き丼

セロトニンの原料「トリプトファン」と「ビタミンB6」を含むマグロに、ビタミンCが豊富なピーマンを筆頭とし、かいわれ大根やトマトなどの野菜も含めた丼です。

「まぐろの照り焼き丼」のレシピはこちら

レシピ2:鶏もも肉のオレンジ煮

鶏肉は、「トリプトファン」と「ビタミンB6」を含む上に、ブロッコリーやオレンジジュースでビタミンCを補い、春先には食べたい主菜です。

「鶏もも肉のオレンジ煮」のレシピはこちら

まとめ

規則的な食生活から

食事から自律神経のバランスを良くする栄養素やレシピを紹介しました。毎年のように「春」が原因で身体の調子が悪くなってしまう方は、もう一度、規則的な食生活を整えてみてはいかがでしょうか。

【参考文献】
「自律神経失調症」(厚生労働省)
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/heart/yk-082.html
(アクセス日1月26日)

「セロトニン」(厚生労働省)
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/heart/yk-074.html
(このアクセス日1月26日)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ