無料の会員登録をすると
お気に入りができます

クエン酸と割り箸が大活躍!意外と忘れがち「お風呂のドア」水垢と汚れに効く「月1掃除」

ライフスタイル

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

お風呂掃除の中でも見逃しがちなのが、「ドア」。

お風呂掃除は定期的にやっているけれど、ドアの掃除は念入りにやっていなかった……という方は、多いのではないでしょうか。

お風呂のドアをよく見ると、白い汚れがびっしりついていませんか?今回はクエン酸を使った、お風呂のドア掃除のやり方をお伝えします。

監修者紹介

【日本ハウスクリーニング協会】
ハウスクリーニングを通じて地域の福祉に寄与し、認定資格講座およびハウスクリーニングの普及啓蒙活動を行なっています。

NPO法人日本ハウスクリーニング協会

お風呂のドア掃除で使うもの

画像提供:@nn.llll.nnさん(ヨムーノメイト)

@nn.llll.nnさん(ヨムーノメイト)

・クエン酸

・ブラシ、歯ブラシ、刷毛など

・割りばし棒(割りばしにキッチンペーパーやぼろ布を巻きつけ、ゴムで固定したもの)

・ゴム手袋

所要時間は約35~40分

画像提供:@nn.llll.nnさん(ヨムーノメイト)

@nn.llll.nnさん(ヨムーノメイト)

お風呂のドア掃除は、少し時間がかかります。ドアのフチだけ、ドア面だけと、部分ごとに分けて掃除すれば、それぞれ10〜20分程度ですが、まとめてやると35~40分ほどかかります。

お風呂のドア周り全体を一気に掃除する場合は、「さあやるぞ!」と気合いを入れてやるのがおすすめです。

洗剤作成時間、置き時間は、所要時間に含みません。また汚れ具合やおうちの環境によって、所要時間は変わりますので目安にしてください。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ