無料の会員登録をすると
お気に入りができます

すぐ効果アリ!緊張をほぐす8つの方法

ライフスタイル

(3)自分を責める心理が生む恐れ

「失敗した自分が許せない!」という自分を責める心理パターンを持っている人は、「周りの人も、失敗した私を許さないに違いない」と思い込みやすく、この気持ちが恐れを作ります。

(4)自己否定が生む恐れ

「こんな駄目な自分は、どうせ失敗するに違いない」と自分への駄目出しをしてしまう人は、「失敗する結果」が確定していると思い込みやすく、この気持ちが恐れを作ります。

(5)自己嫌悪が生む恐れ

自分で自分のことが嫌いな人は、「周りの人も私のことが嫌いに決まっている。だから私は受け入れてもらえないに違いない」と思い込み、嫌われることを恐れるようになっていきます。

緊張しやすい人の5つの特徴

前述した「恐れ」を感じて緊張しやすい人には、いくつかの傾向が見られます。

(1)他人の目が気になる人

他人の目が気になる人は多くの場合、「大したことないな」「全然駄目じゃん」と思われているのでは? とネガティブな気持ちになり、それが元となって緊張しやすいという特徴があります。

(2)相手や物事を過大評価する人

友達と話すときは特に緊張はしないけれど、例えば総理大臣と話すとなると緊張しませんか? また、1人の人に向かって話すのは大丈夫だけど、1,000人に向かって話すとなると緊張しますよね。

このように対象を「すごいもの」と捉えてしまいがちな人ほど、緊張しやすくなります。

(3)完璧主義な人

完璧主義な人は「失敗したら最後」と思っており、失敗は一つの通過点でしかないという考え方ができない傾向が強いです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ