無料の会員登録をすると
お気に入りができます

冬はやっぱりお鍋でしょ♡体の芯からあったまる厳選鍋レシピ12選

暖冬と言えども朝晩は冷え込むようになり、鍋料理が一番おいしく感じる季節がやってきました。今回は、体の芯から温まるのはもちろんのこと、大勢でワイワイおいしく食べられるレシピをご紹介します。

2017年1月
レシピ

お鍋が一番おいしい季節到来♡

1月に入り、本格的に冷え込むシーズンがやってきました。そんな時に恋しくなるのは「やっぱりお鍋!」という方も多いのではないでしょうか?

oceans-nadia.com

また、大好きな人たちとワイワイ盛り上がれるのもお鍋の醍醐味です。今回は、思わずみんなで食べたくなる12の絶品レシピをご紹介します。どのお鍋も心身ともに温かくなること間違いありませんよ。

オトナ鍋なら、まずは魚でしょ!

①海鮮串なべ

oceans-nadia.com

エビ、ホタテ、タラ、鶏ささみ、しいたけ、ネギを大きく切って串刺しにし、鶏ガラスープで煮込むだけのシンプルレシピです。こんなに簡単なのに、具材から出る旨みが皆の舌を唸らせますよ。〆はうどんでどうぞ♡

作り方はこちら

②くたくた白菜と鮭の味噌バター鍋

www.recipe-blog.jp

こってり系が好きな方にオススメです。味噌やバターで味付けした鶏ガラスープで体がポカポカになりますよ。あとは白菜、鮭、お好みの具材を入れて完成です。豆板醤を少し加えるとピリっと味が引き締まります。

作り方はこちら

③タラと海老と豆腐のすり身鍋

www.recipe-blog.jp

タラ、エビ、木綿豆腐をフードプロセッサーにかけ、すり身団子を作ります。鰹だしのスープは柚子胡椒を足すことで大人の味わいになります。ふわふわ食感も楽しめ、カロリーも低めなのも嬉しいですね。

作り方はこちら

彼を喜ばせるならガッツリ豚で勝負!

④豚巻き串なべ

oceans-nadia.com

お鍋の脇役である野菜やきのこ類を豚肉で巻いて串刺しにします。1口がとても大きく食べごたえがあるので、男性や食べ盛りのお子さんにもウケること間違いなしです。ビールも思わず進む1品ですよ。

作り方はこちら

⑤豚肉と白菜だけの寄せ鍋

www.recipe-blog.jp

給料日前のお財布にも優しいのがこちらのお鍋です。白菜と豚バラ薄切り肉をミルフィーユのように重ねていき、あとは和風だし等で味付けするのみです。20分もあれば完成するので忙しい晩にも重宝します。

作り方はこちら

⑥豚肉とほうれん草のしゃぶしゃぶ風鍋

oceans-nadia.com

「濃い味がいい!」と言う男性にはこんな変わり鍋もオススメです。粗削りしたパルミジャーノ・レッジャーノ、白味噌、豆乳の合わせタレで頂くしゃぶしゃぶです。ワインと共に味わってみてくださいね。

作り方はこちら

女子会はヘルシーな鶏で攻める!

⑦鶏肉と春菊のみぞれ鍋

oceans-nadia.com

ヘルシー志向のオトナ女子たちには、鶏もも肉、しめじ、絹豆腐の上にたっぷりの春菊と大根をのせたみぞれ鍋がオススメです。白だし風味が日本酒とも合うので、ゆっくり語りたい晩にいかがでしょうか。

作り方はこちら

⑧鶏肉と水菜のオリーブオイル鍋

oceans-nadia.com

鶏ガラスープにオリーブオイルを加えるだけでコクが出るんです。お馴染みの具材たちも、オリーブオイルと組み合わせることでまた違った味わいになります。〆はチーズとごはんでリゾットにして楽しんでくださいね。

作り方はこちら

⑨鶏団子とあさりの塩ちゃんこ鍋

oceans-nadia.com

定番の鶏団子鍋の旨味をアップさせたいのなら、是非、あさりを投入してみましょう。ニンニクと赤唐辛子もプラスすれば、食欲も増進、箸が止まらなくなりますよ。〆はスープがよく絡む中華麺もオススメです。

作り方はこちら

香りを楽しみたいのならこんな鍋!

⑩柚子鍋

oceans-nadia.com

具材は豚薄切り肉、ネギ、豆腐の3つですが、柚子をたっぷり入れることで贅沢な気分が味わえます。豚とネギの甘さと大根おろし、ポン酢がマッチし美味しいですよ。冬らしさを演出したい時にピッタリのお鍋です。

作り方はこちら

⑪トマト鍋

www.recipe-blog.jp

すっかり定番となったトマト鍋ですが、トマトの酸味にあさりの旨味を足すことで更に良い香りが広がります。また、大きくゴロっと入れた鮭は食べごたえがあり、ごはんともお酒とも相性バッチリの1品です。

作り方はこちら

⑫麺つゆで簡単カレー鍋

oceans-nadia.com

麺つゆでカレー粉を溶かすので、鰹だし香る和風カレースープが楽しめます。水溶き片栗粉でとろみを出しているので具材も冷めにくく、風邪気味の体にも優しいですよ。〆はカレーうどんで温まって下さいね。

作り方はこちら

自分好みのアレンジも楽しもう!

鍋料理は余程のことがない限り、失敗しないのが強みです。また、旬の食材そのものの味を堪能できるのも魅力ですね。

今回紹介したレシピをベースに、お好みの食材もどんどん盛り込んでみてください。きっとあなた好みの世界でひとつのお鍋が完成しますよ♡

記事に関するお問い合わせ