無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[すんごい掃除ワザ]歯ブラシの意外な活用法がコチラです

インテリア

<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は『おそうじの超ベストアイディア 2020』掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

歯ブラシやブラシを使って隅々までキレイに!

すき間に入り込んだ、細かいホコリのお掃除に重宝するのが歯ブラシやブラシ。

上手に活用すれば、驚くほど手軽に、キレイに汚れを落とせるんです。

ここでは、「換気口周り」「AV機器」「サーキュレーター」のお掃除で使える、歯ブラシ・ブラシの活用術を伝授しちゃいます。

お掃除ワザ1:換気口周りは「歯ブラシ」で汚れをかき出す

換気口の周りをよく見ると、そこにはホコリや黒ずみが! 汚れに気づいて慌てて水拭きしても、汚れがのびてどんどん広がり悪化するだけです。そんなことが起こらないように、正しい方法を紹介します。

早速、掃除手順を見ていきましょう。

1.汚れをかき出しつつ即吸引する

入り込んだ汚れに歯ブラシを当てブラッシング。ホコリが落ちる位置に掃除機を当てながら吸引します。

2.模様に沿って水拭きをする

表面の汚れが大体取れたら、残っている頑固な汚れを壁紙の模様に沿って水拭きし、仕上げにから拭きします。

では、掃除前後を見比べてみましょう。

[換気口周り]掃除前

[換気口周り]掃除後

汚れはもちろん、細かいススも取れ、スッキリ白い壁が復活しました。

掃除ワザ2:AV機器のホコリは「掃除機+ブラシ」の二刀流で!

リビング掃除で見落としがちなのが、AV機器の背面や配線周りのホコリ。細かい部品がついている本体や絡まったコード類は、ハンディモップではキレイにしにくい場所です。

そんな難所は、歯ブラシや細いヘッドのミゾ掃除用ブラシでホコリを落とし、掃除機で吸うのが正解! 機械にホコリが入ることも、あちこちに細かいチリが舞うこともなく、後始末もカンタンです。

▼使うのは「ツインブラシ」!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ