無料の会員登録をすると
お気に入りができます

彼と仲良しカップルでいるために「言わなくていいこと」

恋愛・結婚

好きな人とは、気兼ねなくなんでも言い合える関係でいたいもの。

けれども中には、「言わなくていいこと」もあります。

そこで今回は、彼氏に言わなくていいこと、あるいは言っても仕方がないことをご紹介しますよ。

いい関係を続けていくために、ぜひ参考にしてみてくださいね。

「言わなくてもわかるでしょ?」は効果なし

彼氏になにか要望があるときに、「言わなくてもわかるでしょ?」というスタンスはやめましょう。

どんなに仲が良いカップルでも、しょせんは他人どうしです。

言葉にしなくてもわかってくれるはず、という思い込みは避けた方がいいでしょう。

なので、何かをお願いするときに、「それぐらい察してよ!」の一言は「言わなくていいこと」。

彼とのケンカの原因になってしてしまうかもしれません。

代わりに、「〇〇してくれると嬉しいな」といったような、具体的な内容を伝えましょう。

また、文句としてぶつけるより、にこやかにお願いする方が聞き入れてもらいやすいはずですよ。

「こういうところ嫌い。直して」の難しさ

大好きな彼氏でも、ちょっと気になるところや、直してほしいところもありますよね。

でも、「それイヤだから、直して」の一言は、「言わなくていいこと」にあたる場合もあるのです……。

人間はだんだんと価値観が固まってきて、柔軟性が損なわれてくるもの。

アラサー以上の彼氏は変化を受け入れづらく、大好きな彼女に言われたとしても、考えや習慣は変えにくいでしょう。

たとえば、彼の服装がダサい場合。

彼がファッションに無頓着なだけなら、あなたのコーディネートで、おしゃれに大変身させられるでしょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ