無料の会員登録をすると
お気に入りができます

整理収納の“5つのしない”とは? スッキリしたお家はやってますよ!

インテリア

100均でカゴを見つけたらなんとなく買っている、フタ付きのボックスに収納してキレイに見せている、などなど……。実は、そのやりがちなことが非効率な収納になっているかもしれません。そこで今回は、やりがちな5つのことを見直して「効率化する収納方法」をご紹介! アクションの数が少ない“取り出し&戻すのがラク”な収納で散らからない家にしちゃいましょう。

ルール2:物が深く深く沈んで探せないから「入れすぎない」

油断するとゴチャゴチャになる引き出しやクローゼット。よく使う物を入れておいても、入れすぎると出し入れが手間で探しにくくなってしまいます。使いたい時に取り出せないと意味がありません。

効率化ポイント1:キッチンは仕切って中身すっきり引き出しに!

仕切りもなく、物をドンドン入れただけの引き出しでは、使いたいときに使いたいものが取り出せません。

引き出し内を仕切れば、すべてが見渡せるように。タテに仕切り、よく使うものを手前に置くのがコツです。

効率化ポイント2:ぎゅうぎゅうクローゼットは3cm間隔の余裕を!

ハンガー収納は便利ですが、ギュウギュウに詰め込んだクローゼットでは、出し入れしづらいだけ……。

クローゼットは手の厚みに合わせ3cm間隔でかけられるだけのハンガーを。3cm以下だと、出し入れしづらくなってしまいます。

ルール3:上に重ねた物をどかす手間がイヤだから「重ねない」

重ねる収納は見た目はキレイですが、出し入れがしづらいんです。食器は重ねてしまうと、結局、使われないものが多数出現することになってしまいます。

効率化ポイント1:食器は縦置きだと秒で取り出せる!

食器は意外に重く、下に置いた食器を取り出すのは大変です。破損の原因にも……。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ