無料の会員登録をすると
お気に入りができます

食器の見せる収納アイデア特集!飾るコツや便利な収納グッズも紹介!

インテリア

食器は食生活に欠かせないキッチングッズです。食器は、何かと増え続けてしまうものですが、おしゃれインテリア上級者は見せる収納で上手に空間を使っています。

お皿の片付付け方のコツは大きいものを下にして、小さいものを上に揃えることです。

また、食器以外のインテリア小物も一緒に飾りましょう。

小さな食器棚でも見せる収納にするアイデア

見せる収納にコンパクトサイズの棚を使う秘訣は、食器棚用のラックなどキッチンのお役立ちグッズを使うことがポイントです。

食器棚用のお皿ラックを使うメリットは、収納場所を増やし、お皿が手に取りやすくなることでしょう。

ラックは透明なものや鉄製のもの、木製のものなど、自分のセンスに合うものを選びましょう。材質を統一することで、インテリアとしておしゃれになります。

食器の見せる収納アイデア《DIY》

カウンターや棚板でオープン棚を作る

見せる収納でカフェっぽい感じを出すならば、カントリー調のカウンターや、棚板で棚を作りましょう。

「棚受け」にアイアン調のおしゃれなものをチョイスすれば、インテリアの方向性を決められます。

並べるお皿などの食器は、モノトーンやベージュ、ブラウンなど、ナチュラルな色味を選択しましょう。

色の統一感と合わない色の食器を片付ける方法は、棚に入れ視界から隠すだけと簡単です。

DIYした棚にお気に入りの食器と小物を飾る

DIYした棚の見せる収納には、食器だけでなくお気に入りのインテリア小物も飾りましょう。好きなものに囲まれて暮らせば家事も楽しくなります。

飾り方のコツは、上の段には動かさないインテリア小物や、たまにしか使わないものをかごに入れて置き、下の段には普段使いするものや特別な時に使う食器を置くことです。

よく使うものは、手が届く高さや目線の高さに合わせ置きましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ