無料の会員登録をすると
お気に入りができます

気遣いができると得する6つのこと

ライフスタイル

あなたの周りに気遣いができる人はいますか? すごいなぁと思う反面、自分はできないと感じるかもしれません。しかし、心理カウンセラーの高見綾さんいわく、気遣いはあることを意識すればできるようになるのだそう。詳しく伺ってみました。

(3)いざという時に助けてもらえる

日頃から周りの人に思いやりを持って接していると味方が増えます。自分が本当に困った時、「あの人が困っているなら、一肌脱ぎましょう」と言ってくれる人が出てくるので、ピンチの時も切り抜けていくことができます。

恋愛面でのメリット

次は恋愛面でのメリットです。仕事面とは違い、どういった利点があるのでしょうか。

(1)モテる

恋愛は、自分と一緒に過ごしている時に相手がどういう感情を持つかがポイント。素直に好意を示したり、さり気なくフォローしたりといった気遣いができると、相手は一緒にいて心地良く感じます。

(2)恋人と長続きする

付き合ってしばらくたつと、トキメキは落ち着いてきますし、時にはけんかをすることもあるかもしれません。そんな時に思いやりを持って相手に接することができると、長くお付き合いができる関係となれるでしょう。

(3)大切にされる

男性の頑張りに気付いたり失敗をさりげなくフォローできたりする女性は、相手から感謝され大切にされる傾向にあります。

気遣いができる人の5つの特徴と心理

気遣いができることのメリットについて分かりましたね。では、気遣いができる人にはどんな特徴があるのでしょうか。また、その人たちはどうして気遣いができるのでしょうか。その心理も一緒に見ていきましょう。

(1)相手に喜んでもらいたいと思っている

本当に気遣いができる人は、「自分が好かれたい」ではなく、「相手の役に立ちたい」「相手に喜んでもらいたい」と思っています。

その人に合わせた対応をするために、その人をもっとよく知りたいと興味を持ちます。そして、「自分には何ができるか?」を常に考えているので、気が利く対応をすることができるのです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ