無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ケアレスミスを減らすための4つの対策

ライフスタイル

どんな人であってもミスをする時があります。

ミスをしないように慎重に行動していたとしても、うっかりミスをしてしまうことが誰にだってあるものです。

そんな、いわゆる「ケアレスミス」は、どうして起きるのでしょうか? また、どうすれば避けることができるでしょか?

ケアレスミスの確率を少しでも下げる方法を一緒に考えてみましょう。

「ケアレスミス」の意味

まずは「ケアレスミス」とはどんなミスなのか、確認しておきましょう。

ご存じかとは思いますが、念のために説明すると、「ケアレス」は英語であり、「ケア」と「レス」という言葉に分解できます。

「ケア」は、「スキンケア」「ヘアケア」と言うように、「(お肌や髪の)手入れ、配慮、気配り」という意味の単語です。

一方で、「レス」は単語の後ろにつけると「……がない」という意味になります。

「コードレス」(「電線がない」)、「エンドレス」(「終わりがない」)の「レス」です。

ですから、「ケアレス」とは、「気配りや配慮がない」という意味になり、「ケアレスミス」は、「気配りや配慮がないことで生じるミス」となります。

一般には、注意していれば防げたはずの間違いや失敗のことを、「ケアレスミス」といいます。

「ケアレスミス」が起きやすい場面

では、どういう時にケアレスミスが起きやすいのでしょうか?

典型的な5つのケースには次のようなものがあります。

(1)ぼんやりミス

目の前の作業に集中せず、ぼんやり考え事をしながら作業していることで生じるケースです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ