無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[冷感敷きパッド]“熱帯夜でもドンと来い”はコチラ!

インテリア

夏本番の夜はイヤ~な蒸し暑さが続きます。なかなか寝付けない、夜中に目が覚めてしまうなど、寝苦しさで悩んでいる方も多いのではないでしょうか? そこでおすすめなのが肌触りがよく、冷たさを長時間キープしてくれる「冷感敷きパッド」です。今回は2020年最新モデル全30製品をプロが検証。熱帯夜でも快適に眠れる敷きパッドの選び方と、おすすめ製品をランキング形式で紹介します。

<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は『MONOQLO』2020年8月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

本格的な夏に突入し、夜も暑さと湿気で寝苦しい日が増えてきました。ぐっすり眠れず寝不足気味だったり、クーラーや扇風機を付けっぱなしで体がダルかったり…不快さを感じている人も多いと思います。

そんな熱帯夜対策におすすめなのが「冷感敷きパッド」です。

もはや夏の必需品となっており、各社とも一層力を入れて、この夏も様々な新商品が発売されています。とはいえ、ここまでが種類が増えると、どれを選んだら良いのかわからなくなってしまいますよね。

そこで、毎年恒例の“最強の冷感敷きパッド”を決める大検証を実施。有名メーカーからホームセンターのPB、高級寝具メーカー、ネット通販の製品まで、2020年最新モデルの中から全30製品を集めてベストを探し出しました。

そこから見えてきた選び方のポイントと「朝までぐっすり!」を叶えるおすすめ製品をランキング形式でご紹介します!

詳しい選び方のポイントやランキングをご覧いただく前に、結論を先に発表しちゃいます。

この夏のベストバイはこちら!

トップバリュ(イオン)
ホームコーディアイスコールド敷パッド
シングル
実勢価格:4048円
サイズ:S/SD/D/Q

公式サイトで見る

トップバリュの「アイスコールド」は、前回のテストでもベストバイだった製品で3年連続1位を獲得しました。2019年の製品よりひんやり感がさらにアップ。触れたときの気持ちのよさ、表面のサラサラ感はプロも太鼓判を押しました!

なぜ1位の評価を得ることになったのか、選び方のポイントを詳しく解説していきます。

触ると冷たい冷感敷きパッドも、実際横になると意外とすぐにぬるくなり、冷たさが続かない製品も多くあります。毎晩快適に過ごすためには、どんなポイントを重視して選べばいいのでしょうか。

覚えておくと役に立つ、冷感敷きパッドならではの「選び方の基本」をお伝えします。

冷感敷きパッドを選ぶときに知っておきたいのが、「Q-MAX」という言葉。これは「最大熱吸収速度」のことで、熱の移動を利用してひんやりさせる接触冷感素材のひんやり度のひとつの指標です。

肌から生地へ瞬間的に熱が移動する量を数値化したもので数値が高いほど、触れた瞬間に冷たく感じます。冷たさの目安は以下の通りです。

▼Q-MAX値
0.4以上:明確な冷たさを感じる
0.3以上:若干ひんやり感がある
0.2以上:接触冷感効果がある

Q-MAX値だけでなく、ひんやり感キープのためにはこもった熱を効率よく逃がす「吸湿・放湿性能の高さ」=「通気性のよさ」「回復力」も大事。まずは生地の素材や厚み、素材の組み合わせなどをチェックするようにしましょう。

冷感敷きパッドの多くは「表生地」「中ワタ」「裏生地」の3構造。使われている生地や全体の厚みは、快適さを大きく左右します。

▼表生地:素材とキルトで肌触りなどが変化
ひんやり感の要ともいえる表面は素材とキルトが重要です。素材とキルティングのかけ方により、ひんやり感や寝心地が変わります。

・素材

ひんやり感のある素材をていねいに縫製していると◎。

・キルティング

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ