無料の会員登録をすると
お気に入りができます

話し方が上手になるコツ10個

自分の伝えたいことがうまく相手に伝えられず悩んだ経験はありませんか? 話し方を工夫すれば、コミュニケーションはもっと円滑に進むはずです。今回は、話し方が上手になる10個のコツを、株式会社櫻井弘話し方研究所の櫻井弘さんに教えてもらいました。

ライフスタイル

ビジネスにおいて、自分の伝えたいことが相手にうまく伝わらずに悩んだことのある人も多いのではないでしょうか?

伝えたつもり、伝わったつもりでは目的も達成できませんし、仕事になりません。

そこで、話し方が上手になるための10個のコツを伝授します。

話し方がうまくなることでのメリット

まずはビジネスシーンにおいて「話し方」がうまくなることで得られるメリットを一言で言うと、「ビジネスの目的達成度合いが高まる!」ということです。

ビジネスの目的は大きく分けると次の3つです。

(1)良好な人間関係を築く

(2)相互の理解を促進する

(3)周囲の信頼と協力を得る

話し方が上手になることで、これらの達成度合いが高まるのです。

上手に伝わる話し方のコツ10個

それでは、自分の考えや思いが相手にきちんと伝わる、すぐに実践できる話し方のコツを10個紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

(1)言いたいこと(主題)を20字以内で簡潔に表現する

「一体自分は一言で何を伝えたいのか?」という問いに対して、簡潔かつ具体的、そして自分自身の言葉で、20字以内で表現できるようにしておくことが最も重要です。

それはまるで“おでんの串”のようなもので、「一本筋が通っている」「軸がぶれない」という、話し手の中心となる考え方といえます。

この話し手の中心となる考え方、つまり話における主題を明確にすれば、相手に伝わります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ