無料の会員登録をすると
お気に入りができます

縦長1LDKのレイアウト実例!テレビやテーブルの上手な配置の仕方は?

インテリア

縦長1LDKはレイアウトしやすい間取り

1LDKのお部屋はリビングとダイニングが連結していて使いやすい構造。特に縦長の1LDKは家具の配置がしやすく、賃貸物件でもよく見る間取りです。

その反面、家具のコーディネートがしやすいからこそ、選択肢が多くレイアウトに迷ってしまいますよね。

今回は実例を交えながら縦長1LDKのレイアウトを提案します。縦長1LDKのインテリアを考える時の参考になれば幸いです。

目次

縦長1LDKのレイアウト実例〈テレビ〉

テレビを中心にした縦長1LDKのレイアウト

リビングの定番家具であるテレビは、大きな家具なので置く位置によって印象が変わってきます。

短辺の入り口側にテレビを置いたレイアウト。

テレビが端に収まっているので、縦長1LDKの空間を広く使えます。

また、キッチンカウンターの内側からもテレビが見られるので、長時間キッチンに立つ方にもおすすめのコーディネートです。

1LDKの長辺にテレビをレイアウト

長辺窓際にテレビを置く実例。1LDKの間取りを半分に分けて、窓側の半分をテレビ鑑賞スペースとして使うレイアウトです。

ダイニングからテレビの方に移動してくつろぐという、動線が作れるインテリア。

マンションやアパートでも取り入れやすい配置です。

窓に対して並行な位置に椅子を置く場合は、ベランダに出るのに邪魔にならないよう、スツールなど移動できるインテリアが良いでしょう。

縦長だからできるリビングのホームシアター

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ