無料の会員登録をすると
お気に入りができます

キッチンを活用したワンルームのレイアウト特集!収納アイデアもたくさん!

インテリア

ワンルーム一人暮らしの手狭なキッチンでは、調理スペースを確保できるよう、壁面を使ったレイアウトがおすすめです。

こちらはおしゃれな”tower”のマグネットスパイスラックをコンロ横にプラスしたアイデア。マグネットなのでレイアウトは自由自在。

高さや位置など、ベストな位置にセットすることができますよ!数個組み合わせて使うのもおすすめです。

フレキシブルな壁面収納

www.goodrooms.jp

こちらはワンルームキッチンのお手本にしたい、1K一人暮らしのキッチンレイアウト。

まな板や時計、メモなどをキッチン正面の壁にマグネットフックで吊るしています。

マグネットフックなら数の増減やレイアウト変更もしやすいので、常に使いやすい状態にアップデートできます。

賃貸ワンルームのキッチンの壁がマグネットがくっつく素材ならラッキーです!ぜひフル活用しましょう♪

不足を補うスリムラック

ワンルーム一人暮らしで自炊する場合、備え付けのミニキッチンでは収納力不足。

こちらのキッチンでは備え付けの棚に食器類を収納していますが、さらにスリムなポールラックをシンク上にプラスし、キッチンの足りない収納を補っています。

棚の高さは調節できるので、一番高い位置にレイアウトするのがおすすめ。

コンロから距離を取ることで油ハネを防げるので、掃除の手間も省けますよ!

ラブリコで作る収納棚

Instagram

写真・動画の投稿が

削除された可能性があります。

コンパクトなキッチンのシンク上に、ラブリコを使って手作り収納棚をレイアウトしています。

こちらは1Kの実例ですが、賃貸ワンルームのミニキッチンでも真似できるアイデアですね!

キッチンのカラーに合わせて、ラブリコパーツはホワイトをチョイス。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ