無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[干すだけで栄養価がUP!]万能食材「しいたけ」の魅力

レシピ

独特の旨味と香りで、食欲を引き立ててくれるしいたけ。おいしいだけでなく、生活習慣病の予防にも効果が期待できるほど、栄養価も高い食材です。そしてなんと、干すだけで栄養価がさらにUPするのです!そんなしいたけの注目すべき栄養成分と、おすすめレシピをご紹介します♪

しいたけってどんな食材?

旬は、春と秋

原木栽培(天然の木で栽培する方法)のしいたけは、春(3~5月)と秋(9月~11月)が旬になります。春に収穫されたしいたけは、身が引き締まっていて旨味があり、「春子」と呼ばれています。香りのよい秋のしいたけは「秋子」と呼ばれます。

菌床栽培(木質の基材に栄養源を混ぜた人工的な栽培方法)のしいたけは通年収穫されるので、スーパーには年中出回っています。

パッケージに『菌床』『原木』と記載がされているので、ぜひ確認してみてくださいね。

しいたけの魅力とは?

注目の栄養成分

しいたけには、「食物繊維」「エリタデニン」「レンチナン」という注目すべき栄養成分が含まれています。あまり馴染みのない名称のものもあると思うので、さらに詳しく、その注目の栄養成分の詳細と効能について説明します。

「食物繊維」で便通改善!

しいたけには不溶性食物繊維が豊富に含まれています。不溶性食物繊維は、胃や腸で水分を吸収し大きく膨らむので、腸が活発に動き、便秘の予防や改善に効果があります。

「エリタデニン」で生活習慣病予防!

しいたけのかさに含まれる「エリタデニン」には、悪玉コレステロールの低下や、血流をよくして血圧を低下するという効果があるとの研究結果も出てきています。

きのこの中でも、この成分はしいたけとマッシュルームにしか含まれず、さらにマッシュルームにはわずかしか含まれないため、しいたけ特有の魅力といえます。

【お腹いっぱい食べたい!】管理栄養士が教える「食べても太りにくい食べ物」3選
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ