無料の会員登録をすると
お気に入りができます

野菜、腐らせてない? “入れるだけマジ長持ち”なポリ袋があるんです

毎日のお料理はただでさえ疲れるのに、気温が高い時期の料理はいつにも増して大変。食材が傷んだり、虫が湧いたり、台所で汗だくになったり……そんなしんどいお嘆きを、カンタンに解消できる方法を雑誌『LDK』が徹底検証。今回は、野菜を腐らせがちなズボラさんにこそ使ってほしい「鮮度保持袋」5選をご紹介します。

ライフスタイル

<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は『LDK』2020年9月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

ただでさえ毎日大変なお料理ですが、家族の在宅時間が長いとツラさは倍増。「やる気がでない」という日も増えがちですよね。

そこで、雑誌『LDK』が、簡単レシピや、食材が長持ちする便利グッズ、ニオイやコバエのお悩みまで、毎日の作る・片付けるの嘆きを「あらカンタン!」に解消できる方法をお届けします。

今回は、野菜を腐らせがちなズボラさんにこそ使ってほしい「鮮度保持袋」です。

冷蔵庫を使っているとはいえ、きゅうりや葉物などいつの間にか野菜を腐らせていませんか。特売で野菜をたくさん買っても、結局ムダにしていてはもったいないです。

すぐに使いきれないと思ったら、いつもの保存をやめて「鮮度保持袋」を使えば野菜の延命が叶うんです! 野菜や果物を1種類ずつただ入れるだけ。長持ちするので、一度は使ってみる価値があります。

鮮度保持袋は、普通のポリ袋と違い、水分蒸散を抑えつつ野菜の呼吸をコントロールします。湿気を溜めにくい加工がしてあるのが特徴です。

ということで今回は、「鮮度保持袋」5製品を比較してみることに。プロにお手伝いいただき、「鮮度キープ」と「使い勝手」をチェックしました。その結果をおすすめ順にご紹介します!

関西紙工
愛菜果(M)
実勢価格:184円/6枚
1枚あたり:30.6円

▼検証結果
鮮度キープ:◎
使い勝手 :◎+

ほうれん草、切ったパプリカとアボカド、大葉を入れて検証したところ、どの製品もポリ袋よりはるかにすばらしく鮮度をキープしました。野菜のロスを減らしつつ、野菜室が汚れにくくなって一石二鳥! 特に関西紙工「愛菜果」は、使い勝手のよさもバッチリです。

ほうれん草の葉先はあまり変わらず、買ってきた状態とほぼ同じ。アボカドもうっすら茶色くなりましたが、黒ずみも少なく硬さもそのまま。どちらも使っても問題ない鮮度でした!

厚みがあってスルッとした手触り。普通のポリ袋と違い、葉野菜がくっつかずに入れやすいのが嬉しいポイントです!

野菜や果物ならどんなものもOK。肉・魚には効果がありません。

4~5回は洗っても効果が持続。ただし、よく水気を切ってから使いましょう!

CS
鮮度保持袋
キッチンポリ(M)
実勢価格:108円/60枚
1枚あたり:1.8円

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ