無料の会員登録をすると
お気に入りができます

可愛いはゴムだけで作れる♡河村タカシさん直伝“こなれヘア”アレンジ11選

ヘアスタイル

3.ヘアゴム4本ポニー

後ろ姿に注目が集まりそうな、可憐な編み込み風が素敵なアレンジです。でも実は、編むのは最初の三つ編みのみ。あとはゴムで結ぶだけなので、不器用さんでも簡単!ほぐす際、爪の先を使って細く引き出すのが可憐に見せるポイントです。

①トップの髪を3段三つ編みしてゴム留めする。
②両サイドの髪を左寄りで束ねる。
③両襟足近くの髪を右サイド寄りで束ねる。
④襟足に集まった髪の内側から細く束を取り、表でゴム留めしてくるりんぱする。
⑤全体をほぐす。

4.三つ編み×3で編み下ろし

ゴージャスな編み込みは、普段のヘアとしてはもちろん、パーティーヘアにも◎。複雑な編み方をするのかと思いきや、なんと、3本の三つ編みを束ねただけなんです。三つ編みがモコモコとなるように大きくほぐすのが、豪華見えするコツです。

①髪全体をトップ、左、右に分ける。
②左右の束は、それぞれ襟足に向かって三つ編みで編み込みほぐす。
③トップの束は三つ編みをしてほぐす。
④3つの束を合わせてゴム留めする。
⑤ゴム隠しする。

5.サイドフィッシュボーン

サイド寄せのスタイルは、後ろがたるんで崩れがち。崩れ防止には、一旦束ねておくのが正解。繊細な編み目に見せるために、フィッシュボーンのあとにくるりんぱを一回転入れるのがポイント。細くほぐすと可憐で繊細な雰囲気になります。

①トップからサイド寄りに斜めに分け取り、ゴム留めする。
②髪が少ない側はロープ編み、多い側はロープ編みの編み込みをし、①のゴムの上でクロスさせて束ねる。
③毛先までフィッシュボーンで編み、くるりんぱする。
④たっぷりほぐす。

6.リボンゆるポニー

地毛でリボンを作るアレンジです。シンプルなひとつ結びに合わせることで、リボンの存在が映えますよ。“大人っぽいのに可愛い”、絶妙な雰囲気を楽しめます。

①髪全体を襟足でゴム留めして軽くほぐす。
②毛束から細く取り、くるりんぱする。
③くるりんぱのゴムを①のゴムの上に重ね、輪っかを左右に広げる。
④アレンジスティックを差し、細く取った毛束を通して引き抜く。
⑤リボンの形を整える。

記事に関するお問い合わせ