無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ディアウォールで壁に収納棚を簡単DIY!おしゃれで便利な活用術を紹介!

DIY

ディアウォールの壁付DIY方法と活用術

ディアウォールとは壁や天井に穴を開けずに、2×4材等の規格サイズの柱が簡単に立つ便利グッズです。ディアウォールを2×4材等の上下の先に付けると、バネの力で突っ張り簡単に柱が固定できます。

特に穴が開けられない賃貸住宅のリノベやできるだけ簡単に行いたいDIYにおすすめ。今回はそんな便利なディアウォールを使って、壁に簡単に棚を作る方法とその活用術をご紹介します!

目次

リビングの壁のディアウォールDIY

テレビ周りのおしゃれな簡単DIY収納棚

ディアウォールを使った棚はテレビの背後の壁によく活用されます。

こちらの実例では壁の凹みにちょうど合わせておしゃれな棚が手作りされていますが、注目すべきはその作り方です。

まず柱を立ててから棚を取り付けるという作り方をされており、これはディアウォールだからこそできる作り方になります。

この作り方だと一人でも作りやすいですし、作業スペースがなくても作れます。

雑誌もインテリアも置ける簡単DIY収納棚

こちらの棚は上部がディスプレイ用の棚で下部はマガジンラックになっています。

ディアウォールを使った棚では2×4材等の柱1本分の奥行の薄型ラックが作られることが多く、この場合収納棚としては少々物足りなさもあります。

しかしマガジンラックにするとたくさんの雑誌を見せながら収納できます。またディアウォール感を隠したい時はこちらのように木材で覆って隠すといいでしょう。

3本柱で壁面を大きく使った簡単DIY収納棚

こちらの実例では壁際にディアウォールを使った3本の柱を立てて、リビングに大型壁面収納が取り付けられています。

大型壁面収納を設けようと思うと、その大きさから特にしっかり固定する必要がありますが、ディアウォールを使うと穴の開けられない賃貸住宅でも簡単にしっかり固定して使えます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ