無料の会員登録をすると
お気に入りができます

市販品で驚きの美味しさ♡インスタント麺アレンジレシピ

朝も昼も夜も、何かと忙しい私たち。メイクもファッションも手抜きはできませんが、どこかで時短したいですよね?そこで、提案です。食事のメニューにインスタント麺を活用してみませんか?ラーメンとして以外にもいろいろな食べ方があるみたいですよ。

2017年9月
レシピ

インスタント麺って優秀♡

インスタント麺といえばやっぱりラーメンですよね。最近は麺の種類も豊富で好みで選べるようになりました。ところが、最近はインスタント麺をアレンジして楽しむ人が増えているんです。

〆はサリ麺🍜
コレがまた美味しいのです😋✨
instagram.com

食べ方はいろいろですが「パパッと調理ができてリピート確実の美味しさ」と絶賛の声が多数。気になりますよね。自宅に買い置きの麺はありませんか?早速作ってみましょう!

アレンジインスタント麺いろいろ!

①塩トマト焼きそば

erecipe.woman.excite.co.jp

トマトと基本の調味料と麺さえあれば完成するさっぱり風味の焼きそばです。フライパンで煮込み、炒めが叶うので、汚れ物も少なめ。面倒だったらフライパンごと食卓に持っていて食べてしまうズボラスタイルもOKです。

塩トマト焼きそば

②あんかけ焼きそば

erecipe.woman.excite.co.jp

かた焼きそば風に仕上げるために、一度まるごと揚げるという一工夫が必要ですが、インスタント麺とは思えない豪華な一皿が完成しますよ。具材は冷蔵庫の中の余り物をフル動員してみましょう。

あんかけ焼きそば

③そばめし

oceans-nadia.com

そばめしといえばソース味を想像しますよね。こちらのレシピでは麺に付属の「スープの素」を使って味付けをします。インスタント麺特有の"縮れ"がご飯粒とよく絡んで驚きの美味しさ!つい食べ過ぎてしまうんです。

インスタントそばめし

④天津麺

erecipe.woman.excite.co.jp

みんな大好きとろとろ天津麺だってインスタント麺で叶います。具材は卵に馴染むように細かく刻めばいろいろアレンジが効きそうですね。あっさり塩あんとふわふわ卵を麺と絡めて頂きましょう。

天津麺

⑤担々麺

erecipe.woman.excite.co.jp

少々手間はかかりますが、お店で食べるようなコク旨担々麺が自宅で再現できます。余裕のある時にトライしてみてはいかがでしょうか。肉味噌は多めに作っておけば他の料理に使いまわせそうですね♡

担々麺

⑥汁なし混ぜ麺

erecipe.woman.excite.co.jp

ひき肉と家に余っている焼肉のタレなどの調味料があれば完成する汁なし混ぜそばのレシピです。ピリ辛の味付けの麺をトロリ卵黄と絡めれば、幸せがお口の中に広がりますよ!

汁なし混ぜ麺

⑦タイ風サラダ

www.lettuceclub.net

味付けは付属の「スープの素」のみ。そのため、選ぶ麺次第でタイ風、中華風、和風とアレンジが可能です。シャキシャキ野菜と麺のコラボを楽しみましょう。麺のゆで時間をやや短めにするのが美味しさのポイントです。

タイ風サラダ

⑧うま辛ラーメンサラダ

oceans-nadia.com

こちらもインスタント麺を使ったサラダのレシピ。マヨポンとラー油の簡単ドレッシングを上からぶっかければ完成です。タンパク質、炭水化物、たっぷり野菜が食べられて、好バランスな一皿になっています。

うま辛ラーメンサラダ

インスタント麺はストック必須♡

安い時に「とりあえず」とまとめ買いしていたインスタント麺。こんなにいろいろなレシピを楽しめるなんて、新しい発見でしたね。

#夏は冷やしてサッポロ一番
・
@igersjp さんの企画で、サンヨー食品さんからいただいた#サッポロ一番塩ラーメン を使って、冷やし塩レモンラーメンを作りました🍜🍋
粉末スープを180〜190ml(氷を入れるので200mlより少し少なめに)の水で溶き、氷ひとつかみとレモン汁大さじ1くらい(量はお好みで)を入れて、冷やしておく。
その間に麺を【4分】茹で、水に取って冷やしたら、スープに入れ、好きな具材をトッピング。
この日は、たっぷりの白髪ねぎ、万能ねぎの小口切り、頂きもののローストチキンを薄切りにしたものを。
仕上げに必ず黒胡椒をガリガリと挽き、とどめのレモンをギュッと搾って、全部を混ぜていただきます!
特に白髪ねぎはとても合うのでオススメ✨
あっさりサッパリの冷え冷えラーメンは、暑い日にピッタリ😋
・
#igersjp #冷やしラーメン #ramen #めんすたぐらむ #拉麺 #ラーメン #ラーメン部  #袋麺
instagram.com

まだまだいろいろな楽しみ方がありそうですし、今まで以上に麺の消費量が増えそうな予感がしませんか。いつでも調理できるように、ストックを切らさないようにしないといけませんね♡

記事に関するお問い合わせ