無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ルールはたった5つだけ♡手取り20万円未満でもしっかり貯まる貯金術!

手取りが20万円未満だから…と貯金を諦めていませんか?実はたった5つのことを守るだけで手取りにかかわらずしっかり貯めることが可能に!数年後に差がつく貯金のルールをご紹介します。

2017年10月
節約・マネー

なぜか貯金ができない…を脱出したい!

手取り20万円未満でもお金を貯めたい

「私どうしてこんなにも貯金ができないの?」

と不安に感じたことはありませんか?実はそれあなただけではなく、同世代の女性の多くが感じていること。

特に手取りが20万円に満たない女性の多くは、日々の生活に追われ貯金そのものがおろそかになってしまいがち。そんな生活を抜け出してお金と賢く付き合うためには守るべきルールがあるのです。

しっかり無理なく貯めるルールを覚えて

そこで今回は手取り20万円未満でも無理なくしっかり貯めるために実践したいルールをまとめてご紹介いたします。

必要なのはたった5つだけ!今日からお金の悩みを解消するためにもぜひはじめてみませんか?

①:手取りの1-2割を先取り貯金

“先取り”こそ大切にすべき基本

毎月しっかり貯めるためには、お給料から「先取り」して貯めることが一番大切。

手取り20万円未満で一人暮らしなら、1-2割を貯金にまわし、先取りして貯める仕組みを活用しましょう!

先取りすれば、自然に無駄が抑えられる

貯金分を先取りしておけば手元に入ってくるお金の中でやりくりする必要があるので、これまで目が届かなかった無駄が自然と抑えられます。

もちろん予算オーバーだからと言って貯めている分に手をつけるのはNG!出費を予測・計画する癖をつけ、毎月の想定外の出費や無駄遣いをなるべく減らすようにしましょう。

②:買い物する日/しない日を明確化

記事に関するお問い合わせ