無料の会員登録をすると
お気に入りができます

2018年こそ!「年間100万円」貯められる人になるための5つのこと

「来年こそ年間100万円貯めたい!」と望むなら、今こそ準備をはじめる時。貯金下手さんが貯金上手さんに変わるために実践したい、5つのポイントをまとめてご紹介します。

2017年12月
節約・マネー

今年、貯金が全然できなかった…

来年こそは年間100万円貯められる女に!

「恥ずかしながら、今年は全然貯金ができなかった」…と、この1年の行動を振り返って後悔していませんか?

来年こそしっかり年間100万円を貯められるようになりたいと考えているなら、今こそ「貯金下手」な自分を変える時です。

自然に貯まる生活習慣を身につけて!

そこで今回は、2018年に年間100万円を貯めるため、今こそ実践したい5つのポイントをまとめてご紹介いたします。

お金が貯まる人と貯まらない人の差はほんの少しの心がけだけ。ぜひチェックして、来年のスタートダッシュに備えてみてください!

①:固定費の見直し

固定費こそ「無駄遣い」の落とし穴!

一度契約してしまうとなかなか見直す機会のない固定費ですが、実はこれこそが無駄遣いの落とし穴。2018年に向けて、今こそ積み重なった固定費の出費を見直してみましょう。

特に通信費や保険、家賃または住宅ローンなどは見直しによって大きくお金を浮かせることができる可能性が大。毎月必ず出て行くお金だからこそ、目を光らせて無駄な出費を抑えるように注意してみましょう。

②:先取り貯金の額を上げる

もう1~2万円増やせれば、もっと貯められる

財形貯蓄や自動積立型の先取り貯金といえば、お金を上手に貯めるための基本。すでに多くの方が実践されていると思いますが、来年はその額を増やすことにチャレンジしてみましょう。

具体的には今の先取りにもう1~2万円、可能であれば3万円増やすことを検討してみてください。初めの数ヶ月は生活に窮屈さを感じることもありますが、慣れてくれば後取りで貯めるよりもずっと楽に感じるはずです。

③:自炊の習慣を身につける

自炊は慣れ!実はそんなに大変じゃない

今年は仕事が忙しくて全然自炊ができていない…と感じているなら、来年こそは自炊で食費や外食費を抑えられるよう、自炊の習慣を身につけてみませんか?

一見とても手間と労力、時間がかかるように思える自炊ですが、慣れてくれば帰宅後15分で食事の支度を完了させることも可能になります。テレビを観たり、お気に入りの音楽を聞きながら取り組めば決して苦痛な時間ではありません。

1つの食材で数種類のおかずを作ろう

とはいえ、「レパートリーが少ないから食材を買ったあと使い切れない」「そんなに手際よくおかずを準備できない」と不安に感じているなら、そんな時こそロカリの出番。

1つの食材でいろいろな作り置きおかずが作れるレシピや、時短でパパッと仕上げる料理レシピのまとめをぜひ参考にしてみてください。レストランや市販のお惣菜の半額以下のお値段で絶品のおかずが作れるようになりますよ。

一皿100円強♡コスパ抜群「鶏むね肉」で作り置きおかず&おつまみ20選

コスパ抜群の鶏むね肉は、使い勝手も最高!お弁当のおかずからおつまみまで作り置きできて美味しいレシピをまとめてご紹介します。
12735

短時間で「ハイ、完成♡」スピード命の時短晩ごはん10選

帰るのが遅くなってしまったけれど、ご飯はしっかり食べたい!そんな時でも10分〜20分程度でササっと出来るスピード命の時短メニューをご紹介します。
16890

④:娯楽や趣味は計画的に楽しむ

我慢せずに楽しむためには“計画”が大切

年間の貯金目標を達成するためには、ただストイックになるのではなく、時には趣味や娯楽でお金を使ってストレスを発散したり、満足度を高めることも大切。

ただし、どうしてもお財布の紐がゆるくなりがちな趣味や娯楽費は、あらかじめ出費の計画(予測)を立てて、それに備えて他のところで抑えるなどメリハリが必要になります。

趣味・娯楽にかかるお金は貯める時間も楽しい

また突発的にお金を使うよりも、前もって計画を立て楽しみにしていたことにお金を使う方が、出費に対する納得度と満足度もUPします。

飲み会やコンサート、旅行、イベント参加など趣味や娯楽にかかるお金はあらかじめ予測できるものがほとんど。ぜひ後から後悔しないお金の使い方で頑張る自分にご褒美をあげちゃいましょう。

⑤:健康で規則正しい生活を送る

意外?でも実はこれが1番の節約のカギ

健康、そしてそのもととなる規則正しい生活は、実は貯蓄にとって最も大切な基本。体と心が健康であることは、それだけで大きな出費や急な収入減少を防いでくれる必要不可欠な要素なのです。

また早寝早起きをして規則正しい生活を送ることは、「電気代」から「飲み代」「終電を逃したタクシー代」など余計な出費を防ぐ効果も。ぜひ2018年は自分の健康と貯蓄のためにも生活習慣の見つめ直しを行いたいですね。

2018年こそ貯められる私に♡

2018年、本当に貯められる自分に生まれ変わるには、今こそ自分を引き締める時。

unsplash.com

ぜひ今回ご紹介したポイントを意識して、素敵な年の初めを迎えてみてくださいね。

記事に関するお問い合わせ