無料の会員登録をすると
お気に入りができます

年末にまだ間に合う!「キッチン」の掃除方法総まとめ[ #100均グッズで大掃除]

気づけばもう師走! 恒例の年末大掃除は、賢い方法を知って効率よく済ませてしまいましょう。この記事では、特にやっかいなキッチン掃除の方法をまとめてご紹介します。家事代行マッチングサービス・タスカジのミホさんに、時短のコツや掃除道具の選び方を聞きました。

インテリア

年末の大掃除は賢く時短!

新たな気持ちで新しい年を迎えるためにも、年越し前に済ませておきたいのが大掃除です。しかし、日頃掃除できない部分を一気にキレイにしようと思っても、時間が足りなくてやりきれなかったという経験は誰しもあるのではないでしょうか。

本記事では、連載企画「キッチンの賢い掃除方法」で家事代行マッチングサービス・タスカジのミホさんに教えてもらった、掃除のポイントをまとめてご紹介します。

効率よく掃除するには順番を意識!

頻繁に使ううえに食べ物で汚れやすいキッチンまわりは、大掃除で真っ先にキレイにしておきたい場所。ミホさん曰く、効率よく掃除するには順番が大切とのこと。つけ置きしている時間を考慮して、以下の手順でおこないましょう。

1. コンロと換気扇
2. 電子レンジ
3. 冷蔵庫
4. シンク

ミホさん直伝の時短テクニックを参考にして、年末の大掃除を簡単に終わらせましょう!

掃除方法を教えてくれた人

タスカジ ハウスキーパー / ミホ

家事代行マッチングサービス「タスカジ」|公式ページ

1. コンロと換気扇

Photo by macaroni

こびりついた油汚れがやっかいなコンロ。しかし、身近にある道具を使うだけ驚くほど簡単に掃除できます。ミホさん流の掃除テクニックを伝授していただきました。

「五徳やグリルなどコンロまわりのパーツは、ベタベタとした油汚れや焦げがこびりついている場所。頑固な汚れは落とすのが大変ですが、ゴミ袋にセスキを入れてつけ置きするだけで簡単に落とせます。

100円均一ショップで買える、マイクロファイバーぞうきんを使うのもポイントのひとつ。コンロの天板を最後に乾拭きするだけで、プロの仕上がりになりますよ」

Photo by macaroni

「ゴミ袋を二重に重ねたら、50度のお湯とセスキの粉を大さじ1杯程度入れてつけ置きします。30分から1時間ほどつけると汚れが融解して、ベトベトした油の塊でも落ちやすくなりますよ。

ゴミ袋の端をハサミで切れば、シンク全体を汚さずにお湯を捨てれるので後処理も簡単! 」

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ