無料の会員登録をすると
お気に入りができます

伊勢丹スタイリストが太鼓判!素材にとことんこだわった調味料6選

レシピ

伊勢丹スタイリストお墨付き!

この記事は、三越伊勢丹が運営する、らしさに出会える、食メディア「FOODIE」の提供でお送りします。

FOODIE(フーディー) | らしさに出会える、食メディア | 三越伊勢丹 http://mi-journey.jp/foodie/

醤油や塩などの基本の調味料。どうやって選んでいますか? 毎日使うものだからこそ、手頃で美味しいものを選びたいとは思うものの、種類が多くて、選べないという人も少なくないはずです。そこで、伊勢丹新宿店で調味料や缶詰を扱うコーナー、シェフズセレクション担当の大石恵美子さんに、調味料選びについて教えてもらいました。

「基本の調味料は、昔ながらの製法を守っているもの、材料にこだわりがあるものが、やはり間違いがありません。味がしっかりしているので、汎用性が高いうえ、料理も美味しく仕上がります。素材にこだわると言うと、価格がすごく高いイメージがあるかもしれません。でも実際はそこまで高くなく、十分に普段使いできる値段なんですよ」

そう話す大石さんがおすすめするのが、以下の調味料6点。「美味しさ」「コスパ」「使いやすさ」すべての条件を満たすアイテムを紹介します!

これが本物! 昔ながらの製法で作る濃口醤油

<堀河屋野村>三ツ星醤油(900g)1,836円(税込)

醤油は価格以外に何をとっかかりに選んだらいいのか悩みがちですが、大石さんによると、「味わいや香りがしっかりしているものが、どんな料理にも美味しく使いやすい」んだそう。そういった理由で大石さんがおすすめするのが、「三ツ星醤油」です。

「なめてみると、第一印象は少ししょっぱく感じますが、後味が驚くほどすっきりしているので、そのまま使ってもよし! 焼いたり煮たりしても、うまみと香りが強いので、素材の味が引き立ちます」

<三ツ星醤油>は、創業時の江戸時代と変わらない伝統的な製法を守る和歌山の老舗、<堀河屋野村>が作る濃口醤油。薪で和釜に火を起こし、大豆を炊き上げ、手作りの麴を混ぜて木桶で熟成させている、本物の醤油です。

<堀河屋野村>三ツ星醤油|醤油 | 伊勢丹オンラインストア http://isetan.mistore.jp/onlinestore/product/0110900000000000000000314201.html?lid=lid_i_s19_ow02_bt01_ct34_010

このみりん、飲んでも美味しいんです!

<小笠原味醂醸造>一子相傳 小笠原味醂(600g)1,127円(税込)

米麹・もち米・米焼酎から作られるみりんは、もともとは飲むために作られていました。そのみりん本来の製法と味わいを守り続けているのが、<小笠原味醂醸造>。

「最初のひと口は、ぜひ、そのまま飲んで、まろやかな甘みとコクを確かめてみてください。この『一子相傳』を使うと、いつもの肉じゃが、煮魚、鶏の照り焼きなどの家庭料理の味に、奥行きが出て、しっかり決まります」

輸入もち米を使うメーカーも多い中、「一子相傳」の原料は100%国産。麴づくりは手作業で行い、みりんができあがったあとも4年熟成させてから、加熱処理をせずに、生詰めして出荷しているんだそう。とにかく手間をかけて丁寧に作られた本物の味をお試しあれ!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ