無料の会員登録をすると
お気に入りができます

生理が憂鬱!タイプ別生理痛軽減方法を漢方薬剤師が解説

ライフスタイル

毎月の生理が憂鬱ではありませんか?

オーダーメイド漢方YOJO薬剤師の道川佳苗です。女性のお悩みの中でも多い生理痛。毎月来る生理の期間を憂鬱な気分で過ごす人も多いのではないでしょうか?生理痛はあるのが普通と思っていませんか?

pixta.jp

自分の生理痛の原因を知り、正しいケアをしていけば痛みを軽減できるのですよ。毎日の生活習慣を少しずつ変えて、生理痛を軽減していきましょう。今回は生理痛の原因のタイプ別に対処法をご紹介します。

かかりつけオンライン薬局「YOJO」のHPはこちら

冷えタイプ

こんな特徴がある人は冷えタイプかも

pixta.jp

・普段は便秘がちなのに、生理中は下痢をする
・冷えると痛みが強くなる
・腰やお腹を温めると痛みが和らぐ

寒いと体が縮こまるように、特にお腹や腰が冷えると子宮筋がぎゅっと引き締まり、けいれんのような収縮が起こって、お腹が痛みます。

対策1.足腰を冷やさない服装を

pixta.jp

冷えが一番の敵なので、お腹や腰、足首は特に冷やさないようにしましょう。腹巻きや、レッグウォーマーをするのはもちろん、寒い日は使い捨てカイロを腰や下腹部に貼って、寒さを入り込ませないようにしましょう。

対策2.温かい飲み物、食べ物を摂る

冷えを防ぐためには、食生活も気を付けることが大切です。常温以上の温かい飲み物を飲むようにする、鍋料理やスープなどの温かい食べ物を積極的に摂るようにしましょう。

pixta.jp

また、体を温める働きがある、しょうが、ねぎ、にら、スパイス類なども上手に取り入れましょう。

おすすめの漢方薬

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん):冷え、めまい、貧血、むくみなどがある人に適しています。

記事に関するお問い合わせ