無料の会員登録をすると
お気に入りができます

あなたはどのタイプ?30代以降の「不調タイプ別」おすすめ漢方

ライフスタイル

30代以降の不調の原因はコレ!

オーダーメイド漢方YOJO薬剤師の道川佳苗です。

pixta.jp

今回は、特に30代以降に多い漢方の体質である、瘀血、陽虚、陰虚の3タイプについてご紹介します!あなたの不調はどのタイプに当てはまるかチェックしてみてください。

かかりつけオンライン薬局「YOJO」のリンクはこちら

瘀血(おけつ)タイプ

血の巡りが悪く汚れが溜まっている状態のこと

pixta.jp

婦人科疾患(子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣のう腫、乳腺炎など)がある、皮膚のくすみやシミなどが気になる、首や肩がこりやすいなどの症状がある人は瘀血タイプかもしれません。

瘀血タイプのおすすめ養生

瘀血の原因はストレスや冷えが多く、更年期でホルモンバランスが乱れても起こりやすくなります。血の巡りを良くする食材(シナモン、ニラ、小松菜、黒きくらげ、桃、青魚など)がおすすめです。

pixta.jp

骨盤周りの血行を促すヨガなども取り入れましょう。

おすすめの漢方薬

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん):女性三大処方のうちのひとつで、血の巡りを改善する代表的な漢方です。赤ら顔でのぼせやすいのに足が冷える、頭痛、肩こり、にきびやクマがある人にも適しています。

陽虚(ようきょ)タイプ

体を温めるエネルギーが足りない状態のこと

pixta.jp

体が冷えやすく、腰や関節に痛みを感じる、下痢しやすい、低体温気味、手足が氷のように冷たいなどの症状がある人は陽虚タイプかもしれません。

記事に関するお問い合わせ