無料の会員登録をすると
お気に入りができます

簡単絶品♪ 基本の「鶏そぼろ丼」の作り方!盛り付けるコツも

レシピ

大人も子どもも大好きな家庭料理の定番鶏そぼろ丼。ヘルシーでお財布にもやさしいので重宝する献立ですよね。冷めてもおいしいのでお弁当にもGOOD♪ お弁当への詰め方やいっしょに合わせるおかずのヒントもご紹介します。お子さまにも大人気ですよ。

lanne_mm

作るときのポイント

「緑」を加えれば三色そぼろ丼に

ほうれん草、絹さや、インゲン、菜の花、枝豆、オクラなど緑の食材を合わせると三色そぼろ丼になります。茹でたお野菜にうす口しょうゆとみりん、だし汁で薄く味つけをするのがおすすめです。

緑の食材は、季節にあわせて旬のものを選ぶといいですね。

めんつゆを使えば簡単

めんつゆを使うと材料は鶏ひき肉とめんつゆの2つだけです。調味料をあれこれ準備しなくてよいのでとっても簡単ですね。サラダ油で鶏ひき肉150gを炒めたら、濃縮タイプのめんつゆ大さじ1~2を入れて炒め煮てください。

めんつゆに甘みが入っているので調味料はめんつゆだけなのですが、甘めがお好みの人は、砂糖やみりんを加えて調整しましょう。

お弁当用に作るときは……

詰め方のポイント

お弁当にごはんを平たく詰めたら、鶏そぼろといり卵を半分ずつのせます。お弁当箱に対して縦に分けても横に分けてもOK!アルミホイルやクッキングシートで片方を隠して盛り付けると、分かれ目がきれいになりますよ。

きぬさややさやいんげん、枝豆などの青みがあれば、鶏そぼろといり卵の分かれ目にのせましょう。鶏そぼろといり卵を交互にしましまになるようにのせても素敵ですね。

相性のいいおかず

鶏肉と卵なので、お野菜がメインとなる副菜を選びましょう。鶏そぼろ丼がごはんのおかずになるので、味の濃いおかずはいりませんよ。

コロッケ、野菜の炒めもの、酢の物、和え物などがおすすめです。黄色と茶色なので、赤や緑の食材を選んでくださいね。

おにぎりにしても◎

鶏そぼろといり卵をごはんに混ぜ込んでおにぎりにしてもGOOD!具をたっぷり入れて、インスタグラムでも話題のごちそうおにぎりにして楽しみましょう。のりを巻いて、枝豆をちょこんとトッピングするとかわいく仕上がりそうですね。

鶏そぼろ丼はランチや夕飯はもちろん、お弁当や常備菜にも♪

Photo by lanne_mm

ランチや夕飯、お弁当、常備菜と食べる時間を選ばないので、とっても万能です。ごはんに混ぜ込んでおにぎりにすると、朝ごはんにもパクッと食べられますよ。

簡単なのに、彩りがきれいなので食卓がぱっと明るくなりそうですね。子どもさんにも食べやすい味なので、おうちの定番メニューにしてくださいね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ