無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ジューシーでおいしい!とうもろこしのベストな茹で時間は?

レシピ

とうもろこしは茹で時間がポイント!

ふっくらした実がぎっしり詰まったとうもろこし。茹でて食べるとシャキシャキした食感がよく、とても甘くておいしいですよね。

とうもろこしはただ茹でればいい、というわけではなく、おいしく茹でるにはそれなりのコツがあります。茹で方や茹で時間によって食感や味が変わることもあり、どんな茹でとうもろこしが好みかによっても茹で方を変えるのがおすすめ。

基本的な茹で方をいくつか紹介していきます。

茹で方は3種類 どれがおいしい?

茹でる前の下準備

とうもろこしは茹でる前に皮を剥いておきましょう。ただ、薄く1枚から2枚残しておくのがおすすめです。ひげはきれいに取り除いておきます。

茹でるお湯の量はとくにこれといったきまりはありませんが、塩をお湯の2%から2.5%ほど入れます。

1. 沸騰したお湯で3から5分茹でる方法

グラグラと沸騰したたっぷりのお湯にとうもろこしを入れます。そのまま3から5分茹でてできあがりです。

沸騰しているお湯で茹でるとはいえ、3~5分と短め。とうもろこしの食感はシャキシャキ感が強くなるのが特徴です。とうもろこしの歯ごたえが好きな方におすすめの茹で方です。

2. 水から茹でて沸騰後3から5分まで茹でる方法

鍋に水と塩、とうもろこしを入れ、水の状態から茹で始めます。沸騰したら3から5分待ち、お湯から引きあげます。

沸騰したお湯でさっと茹でるよりもとうもろこしの実がふっくら仕上がり、甘みが強くなるのが特徴です。とうもろこしのシャキシャキした食感より、プリっとジューシーなのが好きな方におすすめの茹で方です。

3. 水から弱火で15から20分茹でる方法

茹で方

2番目の方法と同じようにして水からとうもろこしを茹でます。沸騰する直前に弱火にして、水面がゆらゆらした状態を保ちつつ、15から20分茹でます。

味わい

ゆっくりと加熱する茹で方なので、とうもろこしの甘みが最大限に引き出されます。芳醇な香りが漂い、とってもジューシーになります。

皮つきと皮なしはどちらがいいの?

とうもろこしを茹でる際、皮を全部剥いた状態でももちろんOKです。でも、薄く1から2枚ほど皮を残した状態で茹でるととうもろこしの風味が逃げにくくなり、甘みが強く仕上がります。とうもろこしをおいしく茹でるなら皮をちょっどだけ残してから茹でるのがおすすめです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ