無料の会員登録をすると
お気に入りができます

癒しのお部屋作りのコツって?忙しい毎日でも、帰ってきたら寛げる空間の作り方

インテリア

観葉植物をたくさん飾った寛ぐお部屋もおしゃれですが、このようにシンプルながらパッと目を引く観葉植物も素敵です。

シンプルな一輪挿しを使った癒しのお部屋

ミニマリストやシンプリストの方にもおすすめな癒しのお部屋の作り方のコツが、控えめで上品な一輪挿し。

整頓されたお部屋にも小さな華やぎがあると、心がリラックスして寛ぐことができますよね。

選ぶ花器やお花によって和風にも洋風にも雰囲気を変えるので、どんなテイストのお部屋にも上手に合わせられますよ。

「明かり」を使った癒しのお部屋の作り方

キャンドルを使った癒しのお部屋

キャンドルのゆらゆらと揺れる光は、暖かみもありずっと見ていられる美しさですよね。

夜遅くに帰ってきても、キャンドルの明かりを眺める時間でゆっくりと寛ぐことができそうです。

キャンドルの炎が心配な方は、キャンドル風ライトがおすすめ。本物の炎のようにゆらゆらと揺れるアイテムもたくさんありますよ。

ハンガーライトを使った癒しのお部屋

フックなどに引っ掛けて使うハンガーライトは、どこにでも付けられるので欲しい場所に持ってくることができます。

これさえひとつあれば、リビングでも寝室でも自由にリラックスタイムを過ごせますね。

寛ぐ時間に使う間接照明は白熱電球を使うのがコツ。優しい明かりが部屋を照らしてくれますよ。

インテリアライトを使った癒しのお部屋

インテリアライトはお部屋を照らすほどの明るさは期待できませんが、お部屋をおしゃれにアップグレードしてくれるアイテムです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ