無料の会員登録をすると
お気に入りができます

リピ確定[久世福]「意外なアレに合う」「ジャム苦手な人もイケる」最強パンのお供BEST3

グルメ

こんにちは!おいしいものをいつでも食べたいと思っているヨムーノライター、相場一花です。

全国の生産者と共同開発し、厳選された商品を販売している「久世福商店」。中でも「ご飯のお供」が有名ですが、パンのお供(ジャムやバター)もおすすすめです。

今回は久世福商店のパンのお供3品を紹介します。

久世福商店のジャムはジャムが苦手でも食べやすい?

久世福商店は、パンにぴったりなバターやジャムも豊富です。知人との会話で「久世福商店のジャムは上品な味わいで、ジャムが苦手でも意外といける」という話が出ていたので、個人的に気になっていました。

私はジャム好きですが、夫が苦手。ついでに試してみようと思いました。久世福商店は上品な味わいの商品が多い傾向にありますが、はたして上品なジャムはなにが違うのでしょうか。

自然な甘み・久世福商店「久世福の和ジャム 安納芋 ミニサイズ」45g・270円(税込)の正直レポ

販売ページを見る

そんなわけで、久世福の和ジャム「安納芋 ミニサイズ」を購入してみました。店頭には安納芋以外にも紫芋や七福芋といった芋ジャムがありましたが、私とっていちばんなじみのある安納芋をセレクト。

久世福の和ジャム 安納芋を取り出した感覚では、ちょっと形が残るタイプのジャムといったところですね。

安納芋ペーストみたい

「ちょっとそのまま食べてみてよ」と渋る夫に無茶ぶりをして、食べてもらいました。※夫の了承はしぶしぶ出ています

すると「これは大丈夫!」とのこと。ジャムが嫌いなのになぜ平気なのかと聞くと「砂糖の甘みよりも安納芋の甘みが前面に出ていて、ただの安納芋ペーストみたいだから」と言っていました。

私も同じ意見でしたね。久世福の和ジャム 安納芋は、ほぼ安納芋ペースト。余計な甘みはなく、あくまでも安納芋の味わいがしっかりと出てます。

「久世福商店のジャムはジャムが苦手な人でも食べられる」という話は、個人差があるとは思いますが、意外と間違っていないのかもしれません。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ