無料の会員登録をすると
お気に入りができます

必見!花粉症を悪化させないためのポイントを薬剤師が解説しちゃいます!

ライフスタイル

生活習慣も一緒に見直そう

オーダーメイド漢方YOJO薬剤師の道川佳苗です。暖かい日が増えてきて外に出るのも気持ちが良いですが、外に出るのは花粉症だから控えたいという人もいるのではないでしょうか?

pixta.jp

薬を飲んでいてもいまいち症状が楽にならない人は、併せて生活習慣を見直す必要もあるでしょう。今回は漢方の考え方で、花粉症を悪化させないための生活習慣や食べ物をご紹介します。

かかりつけオンライン薬局「YOJO」のHPはこちら

漢方では水毒体質が花粉症を悪化させる

水毒体質とは水分代謝が悪いこと

pixta.jp

漢方の考え方では、水分代謝が悪い「水毒体質」の人は花粉症の症状が悪化しやすいと考えられています。たとえば、むくみやすい、舌の縁に歯型が付いている、天気の悪い日に頭痛が起きやすいなどの症状がある人は、水分代謝が悪い可能性があります。

水分代謝を悪化させる原因は?

体を冷やすこと

体が冷えると、血液やリンパの流れも滞り、水分代謝が悪くなります。アルコールを飲みすぎると、「湿熱(しつねつ)」といって体に余分な熱と水分を溜め込んだ状態になります。

pixta.jp

花粉症の時期は、症状を悪化させないためにも、冷たいものの飲食は控え、アルコールの飲みすぎにも注意しましょう。アルコールの代わりに温かい飲み物を飲んで、胃の働きを高めることが水分代謝を高めることにつながります。

胃腸に負担をかけること

胃腸を整えるとたいていの不調が治るとも漢方の世界では言われています。それほどまでに胃腸の状態を整えることは健康にとって大切です。花粉症においても同じことが言え、胃腸の消化・吸収機能が落ちてしまうと、水分代謝も悪くなってしまいます。

pixta.jp

脂っこい食べ物や味の濃いものの食べすぎは避け、消化が良くて温かいものを食べるようにしましょう。

体のバリア(気)を高める食事を

春に花粉症などのトラブルが起こりやすい人は、抵抗力が低下しているエネルギー不足であることが多いです。そのため、体のバリア(気)を補うことが大切です。

記事に関するお問い合わせ