無料の会員登録をすると
お気に入りができます

綺麗なキッチンの一工夫。清潔感のあるキッチンに見せるポイントとは?

インテリア

意外と見える鍋底

どんなキッチンにも間違いなくある鍋類は、綺麗にしておくことでキッチンの清潔感をアップさせる要素の一つになります。

特に鍋底は、意外と汚れていたり焦げていたりするものです。鍋底が見えるように収納する場合は特に気をつけてチェックするようにしましょう。

小物類はできる限り目隠し

モノトーンで統一したキッチンでもご紹介しましたが、小物類をできるだけ目隠しし、全体を清潔感のある色で統一することで見た目がグッと整います。

こちらの実例もモノトーン統一ですが、小物の色がバラバラの場合も収納ケースがモノトーンであれば問題なし。

まずは見た目が整うように働きかけてみましょう。

清潔感のあるキッチンを目指そう!《掃除ポイント》

食器洗いグッズはこまめに洗浄

食器洗いに必須の水切りかごは、放置しておくと水垢やカビで汚れてしまいがち。

と言っても毎回洗うのも手間がかかるので、三日に一度ハイター漬けにするなど、放置して置ける方法で清潔を保つのがおすすめです。

汚れが見えやすい白など、わかりやすいカラーのものを選ぶのがベター。

焦げ付きはこまめに落とす

IHクッキングヒーターを採用している場合は、表面の焦げ付きなどを定期的に綺麗にするのがベストです。

毎日調理で使うクッキングヒーターはキッチンで最も汚れやすい場所の一つ。

毎日サッと拭くだけで清潔を保てますが、蓄積された焦げ付きなどは数日に一回チェックするようにしましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ