無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[7/26〜8/1の運勢]7月5週目の運勢はどうなる?SUGARさんが贈る12星座占いをチェック!

占い

isutaでは今週も、SUGARさんが贈る週間占いを配信。

星乃せいこさんによる「毎月の運勢グラフ」も配信しているので、こちらもぜひチェックしてくださいね♡

1ヶ月ごとの運勢グラフ

今週のおひつじ座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

自然に生きていく

今週のおひつじ座は、画一的な価値観への同調圧力に鋭く斬り込んでいくような星回り。

「未亡人泣かぬと記者はまた書くか」(佐々木巽)は、昭和12年11月(1936)に発表された句。この年は二・二六事件が起きた年であり、他にも大規模なクーデターや過激な計画を実行する動きが続発し、軍部や青年将校たちが暴力によって腐敗した政治の改変をはかろうとしていきました。結果的にそれらは失敗し、これ以降、思想行動の監視が強化されていく大きな転機となっていったのです。

その意味で、掲句は当時の新聞の雰囲気を知ることができる貴重な証言とも言えます。「お国のための尊い犠牲になったことをむしろ喜ぶべし」とする風潮はすでにこの頃から非常に強く、こうした画一的な価値観への同調圧力が、時代の空気を形成していきました。

その行き着いた先に待ち受けていたものこそが太平洋戦争への無謀な突入であり、空前絶後の犠牲と深い傷を国民にもたらしたことは、2021年の今のタイミングで改めて想起しておくべきことなのかも知れません。あなたもまた、自分自身や周囲の旧態依然とした在り様にいかに「NO」を突きつけていけるかがテーマとなっていきそうです。

続きはこちらから

今週のおうし座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

嵐の前の静けさ

今週のおうし座は、「われわれ」の歪みを浮き彫りにしていこうとするような星回り。

この宇宙では、「現状維持」など本当は存在しません。一見落ち着いていて特に変化のないように見える静的な調和すらも、実際には絶えざる動的平衡のもとで成り立っているに過ぎないのであって、逆に言えば、「現状維持でいこう」という態度は、すべからく自分の内部や周囲との動的平衡を破壊していかんとする、宣戦布告に他ならないのです。

このことは、今のおうし座ならばよく分かるはず。まだ際立った人生の変化や、特別なイベントの最中にいる訳ではないにしても、水面下ではギリギリのところまで葛藤が高まっていたり、今にも決壊寸前のダムのように「その時」が迫っていること、そしていったん始まればそれがドラスティックな変化となるだろうことも、うすうす感じとっているのではないでしょうか。

その意味で今週のおうし座は、自分を取り巻く目に見えない力の流れがどこへ向かっていこうとしているのか、頭で考えるのではなくできるだけ四股や肚で感じとってみてください。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ