無料の会員登録をすると
お気に入りができます

知ってた? ポリ袋でつくる“自家製レトルト”が最強すぎるんです[おかずレシピ4選]

「疲れすぎて夕食の支度ができない」「何か一品足りない」なんてときに重宝する自家製レトルト。材料と調味料を入れるだけ、ポリ袋ひとつで保存&加熱調理ができちゃうんです。

360.life編集部/Test by MONOQLO編集部

レシピ

余計な水分を使わないから素材のうまみを最大限に引き出します

毎日やってくるごはん作り。疲れているときなど、できるだけカンタンに済ませたいと思う人も多いはず。でも、スーパーのお惣菜やインスタント食品はあまり使いたくない、どうすれば……。そんな悩みを吹っ飛ばす調理方法があったんです。そう、それが「自家製レトルト」なんです!

自家製レトルトとは、食材と調味料を耐熱・耐冷のポリ袋に入れて冷凍。食べるときにそのまま湯煎やレンチンなどで調理できる手作りインスタント食品のこと。手抜きのようにも見えますが、実はこの調理方法は、栄養素やうまみを袋に閉じ込め、逃すことなくいただける画期的な方法なんです。

今回は、料理のプロ3名にご協力いただき、自家製レトルトのおかずを開発。カンタンにできる本格的な超お手軽「ポリ袋レシピ」を紹介します!

[ちなみに]
こちらでは「ごはん編レシピ」をご紹介しています!

●この手があったか! ショートパスタをレンチン4分で完成させるワザ[レシピ4選]

この手があったか! ショートパスタをレンチン4分で完成させるワザ[レシピ4選]

ジップロックより安い 耐熱・耐冷のポリ袋でもOK

岩谷マテリアル
アイラップ 30枚入り
実勢価格:95円

公式サイトで見る

旭化成ホームプロダクツ
ジップロック フリーザーバッグ M/16枚入り
実勢価格:218円

Amazonで見る

ジップロックは消耗品としてはお高めですが、アイラップは枚数も多くバンバン使えます。

ポリ袋の中で あえる、こねる、 つぶせる!

調理工程をぜ~んぶ袋の中でできるから簡単&洗い物も出なくてラクちんです!

耐冷-30℃でそのまま 冷凍できます

空気を抜いてから袋をしっかり縛ります。耐冷仕様だから、具材を移し替えずに調理で使った袋ごと冷凍できるのが便利です。

袋ごと湯煎orレンチンで すぐに食べられます

湯煎

記事に関するお問い合わせ
オリジナルサイトで続きを読む