無料の会員登録をすると
お気に入りができます

夏は代謝が落ちやすい?!夏太り対策法を薬剤師が解説

美容

冷房のきいた部屋でばかり過ごしていませんか?

pixta.jp

オーダーメイド漢方YOJO薬剤師の道川佳苗です。毎日暑くて冷房のきいた部屋でダラダラ過ごすのが至福…このように過ごしていませんか?気付いたら食べてばかりで、お腹周りや顔周りがぽっちゃりしてきたと感じている人もいるのでは?今回は夏太り対策法をご紹介します。

かかりつけオンライン薬局「YOJO」のHPはこちら

夏は代謝が落ちやすいって本当?!

夏は気温が高く、体で熱を産生する必要がないため冬に比べて代謝が落ちやすくなります。

pixta.jp

季節の影響で代謝が落ちるのに加えて、夏は冷房の効いた部屋で過ごすことが増え、外との気温差により自律神経のバランスも乱れやすくなります。そうすると、ホルモンバランスが崩れ、さらに代謝が落ちやすくなります。

漢方では夏太りをどう考える?

冷房の使用や冷たいものの摂り過ぎで冷えが起こり、血や水の巡りが悪くなることで代謝が落ちます。代謝が落ちることで余分な水分が体に溜まりやすくなり、水太りが引き起こされるのが夏に太る原因のひとつです。水太りは漢方では「水滞(すいたい)」という体質の人に多く現れます。

pixta.jp

「水滞(すいたい)」タイプでは、むくみやすい、下半身が特に冷える、めまいや立ちくらみが起こる、吐き気、下痢、胃もたれなどを起こしやすいのが特徴です。

夏太りをしないための対策法

1.麺類や丼ものを控え、定食を選ぶようにする

暑いと、口当たりの良いそうめんやうどんなどの麺類を選びがちです。しかし、これらの麺類は炭水化物が多く含まれ栄養素が不足することが考えられます。また、冷たい麺類を食べることで胃腸が冷えてしまいます。

pixta.jp

なるべく、肉や魚、野菜などがバランス良く含まれた定食スタイルを選ぶことで、体の代謝に必要な栄養素を摂ることができます。

2.シャワーで済ませずに湯船に浸かる

夏場はシャワーだけで済ませてしまうことも多いのではないでしょうか。

pixta.jp
記事に関するお問い合わせ